男性用の育毛剤 フィナステリドの効果・効能・副作用

ミノキシジルと双璧を成す育毛効果のある成分としては、フィナステリドがあります。フィナステリドは元々は、前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使用されてきた薬でした。

しかし、ミノキシジルと同様に、投与した患者に毛が濃くなるという副作用が現れました。その後、育毛剤としての研究が開始され、AGAによる脱毛に効果があることが判明。1998年に販売されてからは、世界60か国以上で使用され、日本でも医薬品としてとして厚生労働省から正式に認可に至り、2005年末に万有製薬より発売されています。

フィナステリド剤としては、プロペシアやフィンペシアなどが有名ですが、これらはいずれも海外製品となりますので、個人で入手するためには、個人輸入代行業者を利用して手に入れる必要があります。

目次

フィナステリドの効果・効能

AGAの主な原因の一つに、男性ホルモンがあります。AGA(男性型脱毛症)とは?のページでも紹介したのですが、原因の多くは男性ホルモンの「テストステロン」が変化してできたDHT(ジヒドロテストステロン)によるものです。そして、DHTの生産に5αリダクターゼが関与しています。つまり、テストステロンと5αリダクターゼが関わりを持つことでDHTが作り出されるのです。

フィナステリドは、この「テストステロン」と「5αリダクターゼ」の結合を防止する作用があり、結果として DHTの生産の抑制に繋がります。これが、フィナステリドを服用することで AGAの改善が期待される理由です。

少し専門的なややこしい用語が並んでしまったのですが、要するにフィナステリドがAGAを引き起こす原因である5αリダクターゼがジヒドロテストステロン(DHT)に変換される活動を阻害するわけです。

フィナステリドは、脱毛に繋がる働きを阻害することで、発毛に繋げるキッカケを作ります。このような理由からも、ミノキシジルとの併用でさらに大きな効果を挙げる事が期待できます。

フィナステリドの副作用

ミノキシジルと同様に、フィナステリドにも副作用があります。その副作用は全体の2%~5%程とされており、人によって程度は様々ですが、程度はあまり大きく無く、副作用に気づかないという人も居るといわれています。

初期脱毛

フィナステリドを服用後、1ヶ月ほどで初期脱毛が起こる場合があります。初期脱毛は、通常10日前後で減っていき、その後、毛髪は増えていくというサイクルを通過します。なので、使い始めて脱毛が始まったので使用をやめてしまったという使用例もよく聞きます。

効果をしっかりと体感するには、最低でも3~6ヶ月は服用を継続する必要があると言われています。

>>ミノキシジルやフィナステリドで抜け毛が多くなる?

性欲の減衰

フィナステリドの副作用として良くみられるのが、性欲の減退や勃起不全、睾丸痛、精子の減少等が挙げられます。この副作用に関しては、フィナステリドは性欲を司るテストステロンへ直接作用するものではないため、理論上起こりえないものとされています。

他には、生まれてくる子供に何か影響が出るのでは?という心配もありますが、胎児への影響や精子の奇形といった報告は無いと言われています。

体調不良

胃部不快感、腹痛、下痢、頭痛、肝障害などの体調不良がおこる場合もありますが、いずれも男性機能の低下よりは発症率は低く、発症した場合も軽症で済むことが多いと言われています。

ちなみに、万有製薬でプロペシアが発売されるにあたり、国内で臨床試験が行われた際には、276例中11例の4%の方に上記のような副作用が報告されたそうです。その副作用はいずれも軽いもので、軽症で済む場合が多いとのことですが、それでも副作用は副作用です。体に異常が見られた場合はすぐに使用を停止して、医師の診断に相談しましょう。

フィナステリドを含む育毛剤の入手方法

フィナステリドを国内で購入する際は、原則医師による診察が必要です。しかし、オオサカ堂に代表される、輸入代行業者を利用することで、海外から直接商品を入手することは可能です。

ただし、少なからず副作用が発生することも事実なので、初めてフィナステリド配合の育毛剤を使用する際は、まずは医師の診断を受けてみることをオススメします。その上で、自分の体質に合った製品を購入するのが、安全で確実な方法だと思います。

医療機関で処方してもらう

フィナステリドは、2005年に厚生労働省で正式に認可された男性型脱毛症(AGA)の治療薬として処方を受ける事ができます。よって、最も確実で安全な入手方法が、医師に診断を受けた上でフィナステリドを処方してもらう方法です。

フィナステリドには、0.5mgと1mgの用量があり、患者さんのAGAの進行具合や副作用の程度によって、処方される用量が変わってきます。副作用も無く、長期間の服用に問題なしと診断されれば、フィナステリドの1mgが処方されたり、1ヶ月程度の長期間分を処方されることになります。

>>専門外来による発毛治療

個人輸入代行業者で購入する

海外で販売されている商品を輸入して、日本で販売している輸入代行業者はたくさんありますので、そのサービスを利用して購入することもできます。現在では、その殆どがインターネットによる販売を行なっており、しかも医療機関と比べても、格安で入手することが可能です。

但し、中には粗悪な偽物を販売している業者もあり、信頼の置ける業者を見つけることが非常に重要です。以下に紹介している商品は、輸入代行業者の中でも古くから運営されており、信頼度も高いオオサカ堂で販売されているフィナステリド配合商品となります。プロペシアとフィンペシアはかなり有名な商品なので、レビュー本数も多く、効果も高い商品となります。

フィナステリド配合の育毛剤のページでも育毛剤を紹介していますので、こちらも併せてご覧下さい。

注意事項

医師に処方してもらった場合や、個人輸入代行の販売ページでも注意が促されていますが、フィナステリドは未成年や女性の服用は禁止されています。特に妊娠中の女性は、接触することも危険とされています。たとえ皮膚からの吸収でも、胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるためです。

取扱いには十分注意して、同居している女性や未成年者にもそのことをしっかりと伝えておく必要があります。

>>フィナステリド含有の育毛剤は女性は使えない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク