ミノキシジルを含む育毛剤(リアップ・ロゲイン)

現在では、このミノキシジルを含む市販の育毛剤も販売されています。海外製品の方が種類が多く、効果が高いものもあるのですが、やはり国産が安心できるという方の間では、リアップが有名でしょう。

大正製薬 リアップ(RiUP)シリーズ

大正製薬が販売している「リアップ」は、ミノキシジルを配合した育毛剤です。商品名としては「リアッププラス」や、ミノキシジルが5%配合された「リアップx5」が有名ですね。(女性用のリアップリジェンヌという製品もあります。)

リアップは、ミノキシジルの含有量が1%~5%と、海外製品に比べて少ないので、かゆみや湿疹といった副作用が起こりにくくなっていますが、まったく副作用が無いというわけではありません。発売前の臨床実験では、被験者の約10%に「かゆみ」等の副作用が出たとのことです。

ただし、「毛が生えるならかゆみなんてどうでもよい」という利用者の方が圧倒的ではありますので、さらにミノキシジルの成分が濃い海外製品が、最近では良く売れているようです。大正製薬からも、ミノキシジルの含有量が5%となった「リアップx5」も発売され、対抗馬として販売数を伸ばしているようです。

ちなみに、現在日本国内で認可されているミノキシジル育毛剤は、このリアップのみとなっています。薬剤師の居るドラッグストアや薬局等で購入する事が可能です。

アップジョン社(現ファイザー社) ロゲイン

1980年代に、世界で始めてのミノキシジル配合の育毛剤として、アップジョン社(現ファイザー社)からロゲインの販売が開始されました。このロゲインが育毛剤のパイオニアとなり、世界各国で広く育毛剤として知られるようになりました。

ミノキシジルは米国FDA(食品医薬品局)でも、「脱毛症治療薬」として正式に認可されていましたので、安全性にも問題が無いとのことで、世界各地からも注目が集中。一時品薄状態となる程の売れ行きを記録しました。

現在も販売されており、その発毛効果が根強い人気の一つとなっています。最近では、外用薬だけでなく、同様の成分をカプセルから摂取できる経口薬も開発・販売されており、AGAの改善に役立っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク