AGAの原因

AGAの原因は様々な要因が考えられているのですが、主に判明している原因の一つとして、遺伝とホルモンがあります。もちろん、一概にこれだけが原因だということでは無く、あくまで可能性として高いとうことです。

色々な要因が複合的に影響して起こってしまうのが男性型脱毛症のやっかいなところですですが、冒頭にも書いたように、原因として可能性が高いと思われる要因については、徐々に解明されつつあります。

AGAの主な原因

  • 遺伝や環境
  • 男性ホルモンの影響
  • 喫煙や飲酒
  • 食事環境
  • ストレス等

代表的なものに、上記のような原因が挙げられます。特に毎日の繰り返しとなる、生活習慣・食生活に加えて、仕事によるストレスは身近なものといっても良いかもしれません。

喫煙や飲酒

喫煙や飲酒も、薄毛・抜け毛の原因となる場合があります。喫煙や過度の飲酒は血液の流れを悪くしますので、頭皮に十分な栄養と酸素が行き渡らなくなります。そうなると、毛根まで栄養素が行き渡らず、その毛根から生えるはずの髪の毛も生えこなくなります。

遺伝によるAGA

最近の研究によって、AGAの原因として有力と思われる要因に「遺伝や男性ホルモンの影響」がありますが、「遺伝」に関しては以下の内容を紹介したいと思います。

これは、ドイツ・ボン大学の研究チームが「ハゲの遺伝子」の有力候補の一つを発見し、米専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号(電子版)に発表しました。ハゲに直結するとみられる遺伝子が見つかるのは初めてということで、朝日新聞にも取り上げられました。

研究チームは、40歳以前にハゲ始めた男性のいる家系の血液を分析してみた。その結果、若くしてハゲ始めた人は、X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が目立つことが分かった。研究チームは「遺伝子変異のため頭皮でアンドロゲンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなるのではないか」とみている。
男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父がハゲていれば、自分もハゲる可能性がある。ただ、研究チームは「ほかにもハゲの遺伝子があると思われるので、一概には言い切れない」としている。

記事の内容では、このような内容が紹介されています。要約すれば、自分の親の母方の父、ようするにおじいちゃんが禿ていれば、将来的にその孫もAGAになる可能性がある・・ということです。

男性ホルモンによるAGA

AGAの主な原因物質としては、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因ということが分かっています。AGAでは、脱毛部分の頭皮に多量のジヒドロテストステロンが確認されており、この物質が抜け毛や薄毛の原因となっているようなのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は5α-還元酵素によってテストステロンから作られ、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、ヘアサイクルが乱れ、成長期が終了してしまいます。そのために、毛髪が太く長い毛に「成長する前に」抜けてしまうのです。

十分に成長しない細く短い毛髪が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになりますので、AGAかどうかは、抜け毛の本数よりも、むしろ「短いうちに抜けてしまう毛髪」の本数が重要ともいえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク