AGAの治療

AGAの治療には、現在では様々な種類が存在しています。薄毛を諦める前に、これらの様々な方法を試してみることも、AGAの治療の第一歩なのかもしれません。

  • 育毛サプリメント
  • 育毛シャンプー
  • 育毛剤
  • 自毛植毛
  • 専門外来による発毛治療

育毛サプリメントや育毛シャンプーは、現在様々な種類が販売されています。大手メーカーも力を入れて開発しており、CM等でも大々的に宣伝されています。

しかしながら、育毛サプリやシャンプーだけでは、AGAの治療とはならず、不完全です。根本的な原因を解決しなければ、男性型脱毛症を治療することはできません。

プロペシアやミノキシジルによるAGAの治療効果

そして、男性型脱毛症に悩んでいる人達にとって救世主となるのが、以下に説明するプロペシア(一般名:フィナステリド)やリアップ(一般名:ミノキシジル)です。それぞれに特徴があり、現在ではオオサカ堂を始め、個人輸入代行業者から効果の高い海外製品を購入することも可能となっています。

プロペシア

プロペシア2005年12月14日に、AGAの治療薬として発売開始となった医療用医薬品で、現在では60程の国々で承認されている内服薬です。

元々プロペシアはフィナステリドと呼ばれる前立腺肥大や前立腺ガンの治療に効果を上げていた薬でしたが、その副作用が「育毛」に効果があるとして、アメリカではすでに「飲む育毛剤」として、AGAに悩む人達の治療薬として活躍しています。そして、日本でも国内初の経口型の育毛剤として広まりつつあります。

ミノキシジル

リアップ(一般名: ミノキシジル)は育毛剤市場に一大ブームを起こした外用剤です。プロペシアとは違い、一般大衆薬(OTC)として購入することが可能なので、プロペシアに比べて、気軽に購入する事ができる利点があります。

ただし、副作用も報告されており、かゆみ等のアレルギーを起こしてしまい、頭皮に炎症を起こすことがあります。結果、発疹やかぶれ、ふけといった症状が出ることもありますが、もちろんミノキシジルを服用した全ての人にこの症状が出るわけではありません。

まとめ

冒頭でも紹介しましたが、AGAに悩む人は、現在国内で1,260万人以上とも言われています。それだけ、私達にとって身近なものとなってしまった現実があります。

治療法については、これだけの研究が行なわれ、様々な商品が販売されているにもかかわらず、100%ハゲが治る方法というものは、まだ確立されていません。しかし、将来的には治療することができるとも言われいますので、諦めずに、AGAの進行を遅らせる対策を行なうべきでしょう。

また、このページで紹介したミノキシジルやプロペシアでも、完全な「発毛」状態まで持っていくことは難しいとされています。効果には個人差もあり、髪の毛が生えてきたという人もいれば、あまり効果が無かったという人もいます。

これらの経口薬により、大きな効果が出て発毛まで至った人、現状維持の人や、抜け毛の軽減に留まることも多いので、重度の男性型脱毛症については、専門外来による発毛治療を選択する必要があるでしょう。

>>専門外来による発毛治療

専門外来であれば、今の自分がどういった要因で薄毛となっているかを知ることも出来るので、その分早くに治療を行なうことができ、AGAの進行を防ぐこともできます。通院するために使う時間や、費用の問題もありますが、専門外来へまずは相談を行なってみて、現在の自分に合った治療法を確立していくことが重要ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク