食事環境による毛髪への影響

ストレスや睡眠不足といった要因の他に、食事環境による薄毛・抜け毛の影響も大きいと言われています。なぜなら、いくら頭髪に良いとされるサプリメントや育毛剤を使ったとしても、髪の毛の生成に必要な栄養素が無ければ、髪が育つことできないからです。

髪の毛には余った栄養素が使われる

食事の役割は、当然ですが私達の生命維持のためです。何かを摂取することで栄養を補給し、栄養を必要とする体のあちこちに使われていきます。そして、これらの栄養は、生きるために必要な場所へ優先的に運ばれて行くのですが、その場所というのは、生命維持には欠かせない臓器です。

そして、これらの臓器に必要な栄養素が行き渡った後、余った栄養素が生命活動にあまり関係が無い頭髪へと送られます。ちなみに、髪が成長しているのは毛乳頭という部分で、この部分で栄養素を吸い上げています。

しかしながら、この毛乳頭へ安定的に栄養素を届けるためには、それだけしっかりとした栄養を摂っておく必要があります。先にも書いたように、摂取した栄養は、まずは臓器たちに使われていきます。臓器で全ての栄養素を使ってしまえば、当然、毛乳頭までは栄養は届きません。

栄養が届かなければ、髪の毛が育つことはありませんので、これが薄毛・抜け毛の原因となってしまうわけです。食事が不十分であり、栄養素が偏っていれば、元気で健康的な発毛は行なわれません。

女性の中には、過度な食事制限でダイエットを行なった結果、抜け毛を起こす人が多いのですが、その理由もこういった原理から成り立っています。

偏った食事が抜け毛の原因になる

私達の体は、ビタミンやミネラルが不足しがちだと言われています。そして、現代人の約9割は栄養不足であり、この栄養不足が薄毛の原因となっているようです。

好き嫌いが多かったり、外食が中心の生活、そしてコンビニやファーストフードなどの食事が多いという方は、栄養も偏りがちになってしまいます。きちんと食事を3食取っているという人でも、栄養面で見ればビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しがちです。

偏った食事にならないためにも、野菜や魚を中心とした食事を心がけ、脂っこいものや肉類、糖分や炭水化物の摂りすぎに気をつけます。人間は自分についつい甘くなってしまう生き物です。気がつけば好きなものだけを好きなだけ食べてしまう傾向にありますが、自尊心をしっかりと働かせて、毛髪と健康のためを思って、苦手なものでもしっかりと食べる習慣を身につけましょう。

髪の毛の健康に効果的な栄養素

髪の健康を考えた場合、血液をサラサラにする効果のある食べ物を積極的に摂取することが重要です。毛髪にとって大切な栄養成分には以下のようなものがあります。

タンパク質

肉や魚、大豆に含まれている成分です。 良質なタンパク質を含むものには魚や豆腐があります。 豆乳を毎朝飲んで、納豆や豆腐などの大豆製品を多く摂ると効果的です。

ビタミンA・E

ほうれん草やかぼちゃなど、緑黄色野菜にたくさん含まれています。 毎日数種類の野菜をとるように心がけましょう。

ビタミンB

玄米やレバーに含まれている栄養素です。皮膚の新陳代謝が良くなるので、頭皮にも大切な栄養素の一つです。

亜鉛

髪の毛の成分に良いとされる亜鉛も積極的に摂取したいところです。亜鉛は牡蠣や豚肉(レバー)に多く含まれいます。

食事環境を改善するサプリメント

毛髪に良いとされる成分は、できれば食物から摂取するのが一番なのですが、忙しい現代人ではなかなか難しいのが現状です。そのような場合は、サプリメント等の栄養補助食品がお手軽で便利です。

しかし、あくまでサプリメントは普段の食事で不足する栄養素を補助するものです。サプリメントを摂取したから、野菜や魚を食べなくても良いというわけではありませんので、その点は注意が必要です。食事環境を改善して体も健康に

抜け毛予防につながる食生活の改善は、私達の体の健康も取り戻してくれます。 体の健康は髪の健康と考えて、薄毛・抜け毛の改善と同時に、健康状態も改善していきましょう。

そして、健康であることはストレス軽減にもつながり、抜け毛予防につながります。良い食生活を習慣づけことは、様々な良い結果を生み出すのです。以下のページでは、食生活において気をつけたい点をまとめています。

>>食生活を見直してAGAを予防する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク