サプリメントで栄養を補う

日々の生活習慣を改善したり、バランスの取れた食事でAGAを改善することを心がけ、AGAの治療の効果を高めることは非常に重要です。中でも、髪の毛の成分の元となる栄養素や、血流の流れを良くする水分、頭皮環境を整えるための栄養素等、「食べる」という要素は、私達には欠かすことの出来ない、生きるための本能でもあります。

そして、毎日3食、バランスの取れた食事を摂り、毛髪にも良いとされる栄養素をしっかりと摂取できれば良いのですが、中々思うようにはいかないのが現実です。そんなときに役立つのが、栄養補助食品やサプリメントによる、栄養の補助です。自分が摂りたい栄養素を、ピンポイントで効果的に摂る事ができるので、忙しい生活を送る社会人には、もはや必須アイテムとなりつつあります。

髪の毛を構成するために必要な栄養素とは?

まずは、髪の毛に必要とされる栄養素を見てみましょう。

  • ビタミン
  • ミネラル
  • たんぱく質

五大栄養素(ビタミン、ミネラル、たんぱく質、糖分、脂肪分)のなかで、発毛のために必要な栄養素はこの3つです。以下にそれぞれの働きを説明していきます。

ビタミン、ミネラルには他の栄養素を調整したり、体の機能を調節したりする働きがあります。ミネラルは人間が自分の体の中では生成することができないので、とくに意識してとる必要があります。現代人はこのミネラルが不足しているとも言われていますね。

たんぱく質は、髪の主成分である「ケラチン」の生成に深く関わっていますので、毛髪を作るという意味では、たんぱく質が一番重要かもしれません。たんぱく質は魚、大豆、乳製品、卵といったものに多く含まれていますので、サプリでなくても、普段の食事から摂取することは可能です。

特に重要な「亜鉛」の働き

五大栄養素の中の一つ、ミネラルですが、このミネラルは体を作る上では欠かせない栄養素です。しかし、体内で生成することが出来ない栄養素なので、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

このミネラルの中でも、特に毛髪の生成に関係しているのが「亜鉛」です。亜鉛は体内に取り入れられた栄養素を、体の様々な組織に変換させる働きがあります。この亜鉛が不足してしまうと、毛髪が育ち難い頭皮環境を作ってしまいます。さらに、亜鉛自体が2型5αリダクターゼと、テストステロンの結合を阻害する効果があるといわれています。

亜鉛は牡蠣やレバー、ゴマ等に多く含まれていますが、これらの食品を毎日意識して食べるわけにもいかず、また、亜鉛は体内への吸収がされづらいミネラルでもありますので、一度に多くの量を摂取できるサプリメントが効果的でお手軽だと思います。

亜鉛の摂取で一点注意したいのが、亜鉛には相性が悪い栄養素があるということです。以下のページで詳しく説明しています。

>>亜鉛と相性の悪い栄養素

サプリメントで髪の毛が生えるわけではない

サプリメントで発毛を促進するサプリメントは、様々な種類が販売されていますが、サプリを摂ったからといって、それが発毛に繋がるわけではありません。あくまで、発毛しやすい体内環境、頭皮環境を整えるという意味で、補助的な役割を担います。

根本的にAGAの治療を行なわなければ、髪の毛は生えてこないのですが、AGAの治療効果を高める上でも、しっかりと栄養を摂ることは必要です。

以下の製品は、発毛の手助けになると思われるサプリメントです。海外製品となりますが、日本製と比べて、圧倒的に含有量が多いのが特徴です。日本は色々と制限が厳しいので、これらの補助食品を発売するのも大変そうですね。

ジンク(ZINC)

亜鉛(ジンク)は必須ミネラルの1種で、骨・筋肉・皮膚・毛髪など全身に存在するミネラルです。亜鉛に加えて、カルシウムもプラスされています。髪の毛はたんぱく質で作られており、亜鉛はたんぱく質の合成に重要な働きをするので、髪に亜鉛は良いと言われています。

>>ジンク(ZINC)30mgの詳細はこちら

マルチビタミン(Multi Vitamin)

日常生活で不足しがちなビタミン類をまとめて摂取することができます。

>>マルチビタミンの詳細はこちら

ライフフォースマルチプル(Life Force Multiple)

必要なビタミンやミネラルを、1タブレットに集約したサプリメントです。一粒で様々な栄養分を摂取することが可能なのでお手軽です。ミネラルは体内に吸収されにくいのですが、それらのミネラルが吸収されやすくなる工夫もされています。

>>ライフフォースマルチプルの詳細はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク