日本食がAGAを予防する?

毎日口にする食べ物は、私達の体を作る基になっています。その食べ物からしか、私達は各種の栄養素を体の中に取り入れることができないわけです。その食べ物が偏り、栄養素が不足してしまえば、毛髪だけでなく、体のあちこちに悪影響を及ぼしてしまうのです。

海外でも注目される「日本食」

最近、日本式の食事が世界中で注目されています。肉や脂、濃い味の食事ではなく、薄味で魚や野菜、豆類等が中心の食生活が、多くの人の間で取り入れられています。本来私達日本人が行なっていた食生活が、世界中で見直されているわけです。

その日本人である私達が、逆に欧米化した食事を多く摂っているわけですから、なんだか皮肉に感じてしまいますね。

よく言われるのが、「1日30品目を目標に食べよう」ということです。毎朝の食事が、パンとコーヒーだけ、という人なら、ご飯と味噌汁、焼き魚とサラダに青海苔といった具合に、食べる種類を増やします。

外食を控えてなるべく自炊を

お昼はラーメンやカツ丼、牛丼で手軽に外食で済ますという場合なら、少し早起きしてお弁当を作ってそれを食べたいものです。当然中身は、朝に食べなかった他の種類の食品を中心に摂ります。

ちなみに、肉類は脂肪が多く、太りやすい体質になると書きましたが、鶏肉や鯨の肉は、脂質も少なくヘルシーでカロリーも控えめです。筋肉や髪の毛を作る成分としても、鳥のモモ肉やレバーといった部位はしっかりと取っておくべきでしょう。

夜は居酒屋で一杯・・・といきたくなりますが、酒類の過剰摂取も、毛髪にとっては悪影響です。家族が居るならば、家族団らんで奥さんやお母さんの手作りの食事を食べましょう。飲ミニケーションも大切ですが、一番大切なのはあなたの体の健康なのですから。

>>バランスの取れた食事でAGAを改善する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク