睡眠不足とAGAの関係

睡眠不足は、体の様々な場所に影響を与えます。特に脳は眠ることでしか休息が取れないので、睡眠は人が生きる上で欠かせない要素となります。

髪の毛が伸びる時間帯とは?

体調の面に加えて、睡眠は発毛とも密接な関係があります。一般的に、人間の髪の毛は午後10時~午前2時頃に最もよく伸びるといわれています。これは睡眠中に分泌される成長ホルモンが関係しているのですが、この時間帯の事を「発毛のゴールデンタイム」と呼びます。この名称が一般的なのかわかりませんが、良く見かける言葉でもあります。

「寝る子は育つ」という言葉を聞いたことはありませんか?これは迷信でもなんでもなく、実際に睡眠によって成長ホルモンが分泌されますので、事実に基づいた言葉です。

人は寝付いてから30分くらいで成長ホルモンの分泌が開始されます。そして、深い眠りに入ってから3時間程は分泌が続きます。そして、この成長ホルモンは眠らなければ分泌されません。

先程、人間の髪の毛は午後10時~午前2時の間に良く伸びると書きましたが、まさにこの成長ホルモンの分泌が活発になるのが、この午後10時~午前2時の間と言われているのです。

通常、子供であればこの時間帯はスヤスヤと熟睡している時間帯でしょう。だから「寝る子は育つ」というわけなんです。

ただし、上記の「午後10時から午前2時」の時間帯は、すべての人に当てはまるわけではありません。人間は通常、起床してから14時間から17時間後辺りから「睡眠ホルモン」でもあるメラトニンが分泌されます。毎朝7時に起床している人であれば、21時頃には眠気が現れ、24時頃にはもうぐっすりと眠っていることでしょう。

要するに、規則正しい生活をしている人であれば、冒頭で説明した「ゴールデンタイム」が午後10時から午前2時の間に出現するということに間違いはないわけです。

髪の毛の成長に不可欠な成長ホルモン

さて、「寝る子は育つ」理由は成長ホルモンにあると書きましたが、この成長ホルモンは、大人になってからも必要なホルモンとなります。なぜなら、成長ホルモンが発毛とかかわりの深いものだからです。

睡眠中に成長ホルモンが分泌されれば、それだけ髪の毛が成長してくれます。太くてコシのある髪の毛が成長するわけです。しかし、睡眠不足に陥れば、この「成長ホルモン」の分泌が少なくなってしまいます。ホルモンの分泌が減れば、髪の毛の「肥料」でもある、成長ホルモンが不足してしまうわけですから、当然髪の毛が育ち難くなってしいます。

この「成長ホルモン」は、どんな育毛剤や発毛サプリよりも優れた、自然で健康に害が無く、効果の高い「育毛剤」なのです。眠るだけで手に入れる事ができますので、もちろんお金もかかりませんし、しかも毎日手に入る優秀な発毛剤ともいえますね。

睡眠不足を解消して健康的な毛髪を手に入れる

睡眠は健康的な体を手に入れるためにも非常に大切なのです。そして、ここまで説明してきたように、健康的な髪の毛を育てるためにも、睡眠は必要不可欠となります。

「今日は残業があったので寝る時間が遅くなってしまった」とか、「メールやインターネットに夢中になってしまい、夜更かしをしてしまった」といった様に、日々の生活の中で、睡眠不足に陥ってしまう要素はたくさんあります。

社会人であれば、午後10時には床に就いているということは非常に難しいとは思います。しかし、だからといって「ゴールデンタイム」に床に就くことに、そこまで拘る必要は無いと考えます。

「質の良い睡眠をしっかりととる」ことが重要なのです。「徹夜して寝ることが出来なかった」方が、よほど頭髪にも悪影響だと思います。また、例え睡眠時間が足りていても、ただ眠っているだけ熟睡できていないようであれば、眠りの質を改善する必要がありますし、例え3時間しか眠っていなくても、その眠りが熟睡であれば、成長ホルモンはしっかりと分泌されていますので、髪の毛が伸びやすい環境といえるのではないでしょうか?

「まずは質の良い睡眠」を心がけ、それから「ゴールデンタイム」で眠る機会を作っていけばよいのではないでしょうか。

髪の毛が良く伸びる条件

最後に、毛髪が良く伸びるための条件をまとめておきます。もちろんここに書いてあることが全てではありませんので、あなたなりの「ゴールデンタイム」の獲得方法を模索してみてください。

  • 成長ホルモンが最も分泌される時間帯は22:00~2:00の間。
  • 成長ホルモンが大量に放出されるのは入眠してから30分後~3時間後。
  • 深い眠りの際に成長ホルモンが分泌される。
  • 浅い眠りだと、成長ホルモンが分泌されにくい。
  • 徹夜は毛髪にとって悪影響。
  • 少ない睡眠時間でも熟睡できるかどうかがカギ。
  • だらだらと眠るよりも、規則正しい睡眠時間を。

眠りを深くするには?

成長ホルモンは髪の毛だけでなく、皮膚の「ターンオーバー」にも大きく影響します。いつまでも若々しくいるために、アンチエイジングには欠かせないホルモンなのです。

先にも書きましたが、成長ホルモンは深い睡眠時に分泌されます。眠りが浅い人、朝方になってから眠る人は、早く老ける危険性があるのです。

参考となりますが、眠りを深くするには、以下の点に気をつけてみてください。しっかりとした睡眠を意識すれば、生活リズムが正しくなってきます。そうなれば、夜、毎日寝る時間にしっかりと睡魔が襲ってくるようになります。

  • 夜カフェインを摂らない
  • 朝日を浴びてメラトニンを正常に分泌させる
  • メールチェックは寝付く3時間前までに
  • 昼間、活発に活動する

誰でもいつでも、今日からでも始めることができる方法ばかりなので、是非実践してみて、体にとっても「頭皮」にとっても健康的な生活を送っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク