プレシャワーリング(前流し)を行なう

毎日シャンプーしているから頭皮の状態は大丈夫。・・・と考える前に、一度正しいシャンプーについて考えて見ましょう。毎日行なうシャンプーは、その一度一度の繰り返しが積もり積もって、頭皮環境の良し悪しに繋がってしまいます。まずはシャンプーを行なう前の前流しについて説明していきます。

シャンプー前のブラッシング

入浴前に、まずは洗面所で髪の毛のブラッシングを行ないます。入浴前にブラッシングを行なうことで、頭皮の血行を良くし、髪の毛の「からみ」も取る事ができます。

前流し(プレシャワーリング)で髪の毛の汚れは大体落ちる

ここから実際にプレシャワーリング(前流し)の作業に入っていきますが、この前流しはただ単に髪の毛を濡らし、シャンプーを泡立てやすくする程度に考えてはいけません。実はこの前流しが非常に重要となります。

髪の毛を「濡らす」というよりも、「洗い流す」感覚で、少し熱めの温度設定(40~41度程で。あまりにも高い温度はNG)で髪の毛にシャワーを当てていきます。ちなみに、この前洗いの段階で、髪の毛の70%もの汚れを落とすことができます。時間的には、だいたい2~3分が目安です。

プレシャワーリングをしっかりと行なうことで、髪の毛に付着した汚れも落ち、シャンプーの泡立ちもよくなりますので、シャンプーの量を節約することもできます。

頭皮のマッサージも行なう

前洗いの段階で、少し熱めのお湯でと書きましたが、シャワーをただ当てているだけではなく、同時に頭皮のマッサージを行ないます。熱めのお湯と頭皮マッサージを行なうことで、頭皮の血流を良くして、毛根に栄養素や酸素を届ける手助けを行うことができます。

頭皮マッサージについては、スカルプマッサージのページでもう少し詳しく解説しています。

>>スカルプマッサージ(頭皮洗い)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク