秋の抜け毛・薄毛・脱毛症の原因と対策

秋口は気温の変化(寒暖の差)が激しいので、体調を崩しやすい季節でもあります。そして、この気温の変化が、身体にストレスを与えてしまい、そのストレスが脱毛を招く原因になってしまいます。(ストレスによる脱毛

寒暖の差で自律神経が乱れてしまう

朝晩の寒暖差が激しいと、自律神経を弱らせ、そのバランスを狂わせる危険があります。自律神経の乱れは自己免疫機能を弱らせてしまい、円形脱毛症等を引き起こす恐れがあります。そして、ストレスなどで免疫系に異常が起こると、自分の毛根に対する抗体ができ、毛根が壊されてしまうこともあるのです。

また、秋は食欲の季節とも言われていますが、食べるものに関しても気をつけておきたい点があります。最近は流通が発達して食生活において季節感がなくなっていますが、そこで気を付けなくてはいけないのが、体を冷やす食べ物です。

夏野菜類は体を冷やすものが多いので、食べ方にも工夫し、根野菜との併用や温野菜、スープなどにして食べましょう。生野菜の食べすぎは内蔵を冷やしますので注意が必要です。

体が冷えてしまうと、体調を崩しやすくなりますし、先程説明したように自律神経のバランスが乱れてしまいます。暴飲暴食も毛髪にはよくありませんが、その季節に合った食べ物を摂るということも大切なのです。

秋口の朝晩の冷え込みでなぜ体調を崩すのか?

10月や11月は、朝晩の冷え込みが厳しくなり、それにつれて体調を悪くする人も多くなってきます。これは、上の項でも説明したように、突然の気温の変化に体が付いていけず、自律神経の乱れから免疫力が低下してしまい、風邪を引きやすくなってしまうためです。

夏場は気温が高く、エアコンによる体の冷えも気をつけていれば、内蔵の冷えによる体調不良を訴えることも少ないと思います。しかし、秋はどうしても外気温が下がりますので、内臓を冷やすことになります。

少し難しい話となりますが、お腹には全体のリンパ球の約60%が集まっているいわれています。内蔵が冷えてしまうと、免疫力をつかさどるリンパ球の流れや、働きを低下させ、免疫力の低下を招いてしまうのです。免疫力が低下した状態でストレスを受けることは、体調の不調と共に、抜け毛の原因にもなってしまいます。

夏場の暴飲暴食にも注意!

更に、夏の暴飲暴食に関連して、冷たいものばかりを大量に飲んでいた場合も注意が必要です。

夏の暴飲暴食をそのまま秋になっても続けていれば、さらに内臓の冷えを悪化させてしまいます。寒暖の差でも自律神経は乱れてしまいますが、内臓を冷やすことにより交感神経が常に優位に働いてしまいます。これも自律神経を緊張させる原因となってしまいます。

自律神経が緊張して乱れると、血液の流れも悪くなりますので、頭皮に栄養素や酸素が行き渡り難くなってしまいます。

夏バテが後々尾を引いてくる

夏の暑さによる食欲不振、寝不足などによる体力の消耗が、秋の自律神経の疲れと重なり、秋は体をこわす人が多くなるようです。体調不良は薄毛や脱毛症の原因にもなりますので、出来るだけ早く、秋から冬に向けての生活スタイルや食生活を見直し、内臓を冷やさないようにすることが大切です。

夏の抜け毛に関しては、また別ページでも説明していますので、こちらも併せて確認してみてください。

夏に抜け毛が増える原因とは?その対策を考える

秋の抜け毛対策は?

基本的な対策としては、お風呂にお湯を張ってしっかりと体を温め、温野菜を添える食事と、温かい飲み物で体温を下げないようにする工夫、さらに夏場の暴飲暴食で不足した栄養素を補うことが大切です。

秋は昼と夜の寒暖差が大きくなる季節で、体調も壊しやすくなります。また、髪の毛のためだけではなく、体調を壊さないためにも体温を上昇させ、体を冷やさないような工夫を行う必要があります。

適度な運動で血流を改善

体温を上昇させる工夫としては、定期的な運動も効果的です。運動によって体全体の血流が改善され、頭皮への血流が改善されると、毛根に栄養素を送りやすい環境を作り上げることができます。

また、毎日の運動は体の緊張をほぐし、ストレスの発散にもつながります。ストレスは髪の毛だけでなく、体の様々な場所に悪影響を与えてしまいます。毎日続けることが重要ですが、ストレッチやウォーキングといった軽い物でも効果が期待できると言われていますので、体に負担がかかるような激しい運動は行う必要はありません。

不足しがちな栄養素(必須アミノ酸)をしっかりと摂る

夏場に暴飲暴食を行ってしまったと自覚がある人であれば、秋は食事にもしっかりと気を配る必要があります。特に、髪の毛の生成に関わる必須アミノ酸は意識して摂取する必要があります。

髪の毛は「タンパク質」が主な成分となって構成されているのですが、このタンパク質は様々なアミノ酸から合成されています。アミノ酸は20種類ありますが、そのうちの9種類は体内で生成することが出来ないのです。

体内で生成できないアミノ酸は、食事によって摂るしか方法はありません。しかし、偏った食事では必須のアミノ酸全てを摂ることは難しく、髪の毛の生成に必要なタンパク質も不足してしまいます。

毎日3食、バランスのとれた食事を取っていれば、アミノ酸が不足することはあまり無いのですが、偏った食事や好き嫌い、朝を抜いたり外食が多かったりと、現代人は食生活のバランスが崩れています。

鶏肉や和牛(牛肉)、鶏肉に豚肉、鮭、牛乳等は、様々なアミノ酸が含まれている品目となりますので、これらの食材を毎日の食材に組込みつつ、どうしても不足する栄養素はサプリメントで補助する等の工夫も行うようにして下さい。

あくまでバランスを考えて食べるようにして、必須アミノ酸を摂ろうとかんがえるあまり、カロリーオーバーの食事となってしまっては意味がありません。先程も少し触れましたが、足りない栄養素の補給にはサプリメントが非常に優れていますので、以下の記事も参考にしつつ、サプリの導入も検討してみてください。

秋の抜け毛に関する記事(外部リンク)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク