育毛剤を使ってAGAを治療する

育毛剤で髪の毛を生やすことは、厳密に言えば「治療」とは言えないかも知れませんが、当サイトでは髪の毛を生やす方法を総じて「治療」ということで位置付けております。

さて、最も効果的で、一番お手軽と思われるAGAの治療方法は、なんといっても育毛剤の使用です。育毛シャンプーや育毛サプリメントは、あくまで髪の毛が生えてくるための「手助け」に過ぎず、それ単体で髪の毛を生やすというのは難しいと考えます。

一方、育毛剤の使用は、「髪の毛が生えてきた!」と体感することができる方法なので、AGAによる薄毛に悩む人がまずは試してほしい方法でもあります。

育毛剤の効果・効能・作用

以下に育毛剤が及ぼす効果(作用)についてまとめみたいと思います。

男性ホルモンの働きを抑制する

男性ホルモンによる薄毛・抜け毛のページで詳しく書いていますが、男性ホルモンが原因で薄毛になるということは、長年の研究によって解明されつつあります。そして、育毛剤に含まれている主な成分として、フィナステリドがありますが、この成分が男性ホルモンに働きかけ、抜毛の原因になる5αリダクターゼの働きを阻害すると言われているのです。

以下に紹介しているミノキシジルとの併用で、より高い効果を発揮すると言われています。

頭皮の血行を促進する

頭皮に栄養が行き渡らなければ、毛根にも栄養は届かず、元気な髪の毛は生えてきません。そして、この栄養を運ぶ役割を持っているのが血液であり、その血液の流れが悪ければ、正しい発毛は行なわれないというわけです。

そして、頭皮の血液循環を促進する育毛剤が、ミノキシジルが使用されています。ひとつ上で紹介したフィナステリドとの併用で、より高い育毛効果が期待できるとされています。

従来、ミノキシジルは頭に塗るタイプが主流でしたが、現在では経口薬タイプも発売されており、そのバリエーションも広がっています。

>>ミノキシジル配合の育毛剤

頭皮の血行をよくする方法は、普段の生活の中でも行なうことができますので、以下のページを参照に実践してみてください。

毛母細胞を活性化する

頭皮から毛根へ有効成分を浸透させ、毛乳頭へ直接働きかけるタイプです。日本のテレビCMでよくアピールされているタイプなので、AGAや育毛剤に関心のある方は、一度は聞いたことがあるフレーズではないでしょうか?

様々な成分が配合されており、また、商品の種類も豊富なのでどれを選べばいいのか混乱してしまいますが、基本的にはフィナステリドとミノキシジルを使っておけば、これらの効果も得やすいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク