AGA治療の費用(料金、治療費)の相場

AGA治療には幾つかの方法があり、それぞれで費用や治療内容が異なります。当然、それぞれにメリット・デメリットが存在しており、自分のAGAの進行具合や経済状態によって選択する治療法は人それぞれです。

このページでは、それらの主な治療法による費用(料金、治療費)の相場を比較して紹介しています。AGAの治療として考えられる基本的な方法には、以下の様なものがあります。

  • AGA治療を専門とする病院(発毛外来・専門外来)での治療
  • 一般病院での治療
  • 個人輸入でAGA治療薬を入手して使用する

それぞれの方法の費用と、メリット・デメリットを以下の表に纏めます。

治療方法 初期費用 1ヶ月の費用 メリット デメリット
AGAの専門病院 20,000~30,000円 10,000~30,000円 安全
発毛効果が高い
高額
通院回数が多い
一般病院 9,000~15,000円 7,000~10,000円 安心で安価 詳しい診察が出来ない
個人輸入での独自治療 1,000~9,000円 1,000~9,000円 安価 全て自己責任

表の価格はあくまで相場です。詳しくは各医療機関や個人輸入代行業者に問い合わせて見ましょう。

病院でのAGA治療は保険適応外で自己負担

残念ながらAGA治療は保険適応外の自由診療なので、自己負担が大きくなってしまいます。また、AGA専門病院は薬の処方以外にも綿密な診察等があるので、その分費用は高額になってしまいます。

ただし、AGA治療においても「AGA治療が治療行為と判断された場合」に限り、医療費控除が適応になる場合もあるので、年間にある一定額以上の費用がかかったのであれば、申請してみましょう。これは同じく保険適応外のインプラントやレーシックにおいても同様です。

ちなみに私は、レーシックもインプラントも経験していたりします・・。若いときの勢いって怖いものがありますね(笑)

個人輸入による自己流の治療

上記の表からも、個人輸入でAGA治療薬のフィナステリドやミノキシジルを購入して治療する場合であれば、病院で治療することに比べてかなり安くすませることが可能です。個人輸入による購入は処方箋も必要無く、病院で処方されるものと同じ治療薬を購入することができます。

日本ではまだ未認可ですが、フィナステリドが含有されているフィンペシアフィンカープロスカーも個人輸入で購入することができます。

個人輸入による独自治療のメリットは、なんといってもその価格の安さでしょう。また、通院する必要がないので、時間に追われている忙しい人でもAGAの治療が可能となります。

その反面、副作用等においては全て自己責任となりますので、自分の体質に合っていない治療薬を使い続けてしまうといった危険もあります。まずは専門外来や一般病院で一度診断してもらい、最初はお医者さんから処方してもらう方が良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク