皮膚常在菌と抜け毛の関係 シャンプーのし過ぎは要注意

皮膚常在菌は、97%以上もの人に存在が確認されており、高い繁殖率と感染率が特徴です。

マラセチュアや皮膚ブドウ球菌、アクネ桿菌 など約20~30種類の雑菌類の一種が「皮膚常在菌」と呼ばれており、頭皮の脂やフケなどをエサに増殖し、毛髪の生長サイクルを乱す働きをし、 それが異常脱毛による抜け毛や薄毛の原因の一つとなることもあります。

皮膚常在菌には有効な働きもある

皮膚常在菌は、フケや古くなった角質、皮脂類をエサにしているのですが、皮膚常在菌を完全に駆除してしまうと、必要以上に分泌された皮脂類を処理できずに、別の肌のトラブルを招いてしまうこともありますので、重要なのは「増殖させすぎないこと」です。

また、皮膚常在菌が分泌するリパーゼ(酵素)によって作られる脂肪酸は、頭皮細胞と毛母細胞の発育に関係していると言われています。

頭皮の状態が良好な場合は、皮脂線や汗腺から分泌される汗や皮脂をエサとして、「善玉常在菌」が皮脂膜を形成しています。「悪玉菌」の数が少なく、皮脂膜の天然のクリームによって、肌がなめらかにうるおっている状態を作り出しているのです。

しかし、適度に保たれていた皮膚常在菌のバランスが崩れてしまうと、フケや痒み、肌荒れや炎症を起こしてしまい、それが抜け毛の要因となってしまうのです。

皮膚常在菌を異常繁殖させない

皮膚常在菌は、人間にとって無くてはならない存在なのですが、重要なのは異常繁殖を抑える事です。異常繁殖は頭皮環境の乱れを招き、ヘアサイクルも同様に乱れてしまいます。

異常繁殖させないためにも、普段から頭皮を清潔に保つ必要がありますが、過剰なシャンプーや必要以上に皮脂の除去を行なうと、それらをエサにしている皮膚常在菌が減少して、結果としてますます頭皮環境を乱す原因となってしまいます。

大切なのは、バランスの取れた頭皮環境を維持する事です。また、自分の頭皮に合ったシャンプーを使って、毎日の頭皮ケアを行なうことも大切です。

>>枕や寝具は清潔に!

シャンプーは1日1回で十分

日本人は世界的に見てもかなり清潔好きとされています。そして、最近はその民族性がますます強化(?)されているのか、様々な清潔系グッズが市場を賑わせています。もちろん、不潔よりも清潔であったほうが良いに決まっていますが、何事も程々であることが重要です。

毎日のシャンプーにしても、頭皮を清潔に保ちたいと強く思うあまり、1日に2回、3回と何度もシャンプーする人も少なくありません。

「バランスの取れた頭皮環境を維持する」ことが、抜け毛予防にも繋がると先ほど説明しましたが、そのバランスを保つためにも、シャンプーの頻度は1日に1回で十分であると言えます。

さらに言えば、シャンプーは夜に行うのが良いでしょう。皮膚常在菌の餌となってしまう汚れや余分な皮脂をしっかりと落とすことで、頭皮環境のバランスを適切なものに保つことができます。

会社の飲み会や友人と夜通し遊んで帰宅した後に、帰宅してすぐに布団に潜り込むという人も多いでしょう。明日の朝、早起きして風呂に入れば良いか・・・と思うわけです。

しかし、その日1日の頭皮の汚れを放置したまま翌朝を向かえることになりますので、これでは皮膚常在菌が異常繁殖してしまい、頭皮環境のバランスも崩れてしまいます。菌の繁殖スピードは本当に早く、1日放置しただけで私達の頭皮はエライことになっているわけです。

使用するシャンプーにも気を配る

頭皮環境のバランスを保つ意味でも、普段利用しているシャンプーにも気をつけたいところです。「頭皮が突然痒くなった」とか、「フケがいきなり増えた」といった頭皮トラブルを抱えている人は、利用しているシャンプーが頭皮に合っていない可能性もあります。

一般的に市販されているシャンプーは洗浄力が強いものが多く、洗い上がりはとてもスッキリとして気持ちが良い点はいいのですが、スッキリするということは、それだけ頭皮の皮脂や皮膚常在菌を洗い流してしまっている状態なのです。

頭皮に痒みや炎症を起こしている人の中には、強すぎるシャンプーの洗浄力に頭皮が負けてしまっているという人もいます。皮膚科の医師の勧めで、洗浄力の弱い「アミノ酸系シャンプー」や、成分がシンプルで無害な「石けんシャンプー」に切り替えたことで、頭皮の異常が無くなったという方も少なくありません。

1日1回の利用でも、1年通して利用すれば365回も利用することになるシャンプーですから、頭皮と髪の毛の健康状態を良好に保つためにも、自分の頭皮に適したシャンプー選びを行うようにしてください。

頭皮が乾燥気味でフケが多い人はアミノ酸系のシャンプーを、皮脂が多くて油っ気が多いという場合は石鹸系のシャンプーが頭皮に合うという場合が多いようです。

以下は実際に私も利用しているシャンプーになります。全ての人に合うとは限りませんが、これらのシャンプーに変更してから頭皮環境がかなり改善されました。私の頭皮にはアミノ酸系のシャンプーが適していたようです。

GP.アロマシャンプー
オアシス天然シャンプー

石けん系のシャンプーであれば、無添加石けんシャンプーがオススメです。価格も安く、泡立ちも非常に良いので油ギッシュな頭皮環境の方に合うかもしれませんね。

参考記事(外部サイト)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク