AGAを遺伝子検査で特定する

抜け毛となる要因は様々で、一概にAGAが全ての原因とはいえません。主な原因としてはストレスや不規則な生活習慣、血行不良や栄養の不足等、枚挙に暇がありません。

適切な脱毛治療を行なうためにも、自分の抜け毛の原因を特定することは非常に重要ですが、中でも自分がAGA(男性型脱毛症)なのかどうかは、特に気になるところです。

遺伝子検査でAGAが分かる

最近では病院で遺伝子検査を行い、AGAかどうかを特定することができるようになっています。抜け毛が急に増えたり、薄毛が目立つようになってしまった等、AGAはその症状でも判断する事が出来ますが、フケが原因の粃糠性脱毛症や、皮膚病が原因の梅毒脱毛症との見分けがつきにくいこともあり、遺伝子検査した方が確実というわけです。

また、AGAは気になるけど病院に行ってまで検査するのは・・と躊躇している人であれば、AGAの遺伝子検査を行なうことができるキットも販売されていますので、そちらを利用しても良いでしょう。通院する必要が無く、検査結果も2~3週間で自宅へ届くのでお手軽です。

AGA遺伝子検査キットと病院でのAGA遺伝子検査の違い

AGA遺伝子検査は、病院で行なう場合と、自宅で検査キットを使う場合の2タイプがありますが、両方にそれぞれメリットやデメリットがあります。以下の表組みでそれらを紹介していますので、参考にしてみてください。

検査キットによるAGA遺伝子検査 病院での遺伝子検査
価格 12,600円(AGAドッグの場合) 20,000円~
検査方法 検査キットによる口内粘膜の採取して郵送する 毛髪を採取
検査する場所 自宅等 病院や専門機関
通院の有無 無し 検査結果を再度聞きに行く
検査結果 約2~3週間 約1ヶ月
メリット 費用が安い
気軽に検査が可能
時間が無い人でも検査できる
検査結果に基づいてAGA治療を行なってくれる
デメリット 結果がAGAであれば結局は病院へ行って治療することになる 費用が高い
通院に時間がかかる

AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット 男性用

AGAの遺伝子検査キットの「AGAドッグ」を使うことで、将来的なAGA発症(薄毛)を予測することができます。また、ミノキシジルやフィナステリド等の治療効果の予測も可能です。


【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

検査方法はキットに付属している綿棒で、頬(ほほ)の内側を軽くこすり、郵送にて販売元へ郵送すれば、約3週間ほどで結果が郵送されてきます。

AGAドッグには購入特典として、AGAアドバイスブックが付いて来ますので、検査結果を踏まえて薄毛対策を行なったり、薄毛に関する知識を得ることができます。

このような手軽に検査を行なうことができるキットもありますので、通院の時間が無い忙しい人や、病院へ行くには抵抗のある方は、一度確認してみるといいでしょう。

>>女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

AGAの遺伝子検査チェックが可能な病院

検査キットでも遺伝子検査チェックは可能ですが、より的確なアドバイスや具体的な治療方針を相談したい場合は、やはり専門の医療機関で検査することをお勧めします。



銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニックはAGAの専門病院です。無料カウンセリングから院長先生が行なってくれますので、AGAや抜け毛・薄毛に関する様々な質問を直接聞くことができますので、やはり安心感はダントツでしょう。

AGAの治療実績もかなりの数をこなしており、カウンセリングも無料で行なってくれます。自分がAGAかもしれない・・・と悶々と過ごすよりは、しっかりとした診断を受けて、はっきりとした原因がわかればその分のストレスも軽減できますので、治療における予後にも良い影響を与えるでしょう。

無料カウンセリングと初診のみを受けてみて、まずは自分がAGAなのか、そうでないのかだけでも判明させてくと良いですね。

>>専門外来による発毛治療

AGA遺伝子検査チェックのメリット

病院と検査キット、どちらの方法でも良いのですが、AGA遺伝子検査チェックを行い、抜け毛の原因をはっきりさせておく事には、いくつかのメリットが存在します。

  • 将来の脱毛進行度を知る事が出来る
  • AGA治療薬が効果的かを判定できる
  • 自分に合った薄毛治療を決めることが出来る
  • 間違った抜け毛対策を防ぐことが出来る

間違った対策を行なってしまうと、さらに抜け毛を悪化させてしまうこともありますし、自分が遺伝によるAGAと分かれば、治療方針も明確にすることができます。自己判断による「~だろう」という、誤った治療を行なわないようにするためにも、AGA遺伝子検査による「原因の特定」を行なってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク