老人性脱毛症とAGAの関係

老人性脱毛症とは、その名の通り、老化によって細胞の活動が低下することによっておこる脱毛症です。頭皮が乾燥して硬くなり、皮膚から血管が透けて見えるという特徴があります。

老化を抑えて老人性脱毛症を予防する

加齢によって起こる老化現象なので、老人性脱毛症は自然な現象といえますが、日々の生活習慣やヘアケアに気をつけることで、健康な髪を保つことは可能です。

本来、老化というものはどうしようもないく、誰にでも平等に訪れる現象です。しかし、その進行スピードを遅らせることは可能です。老化のスピードを抑える要因としては、普段からの節制や食生活、ストレスの少ない暮らしや生活している環境等、様々です。

老化には個人差もあり、同じ60歳同士でも、若々しい人もいれば、80歳に見えてしまうような人まで様々です。髪の毛は通常、60歳付近を境に、薄くなっていきますが、老化による脱毛は髪の毛だけではなく、全身の毛も少なく、薄くなっていく特長があります。

これは男女とも同じですが、男性の場合はAGA(男性型脱毛症)を併発しているケースも珍しくありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク