AGA(男性型脱毛症)と頭皮の硬さの関係

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人に共通して多い症状に、頭皮が硬いという特徴があります。AGAの全ての人にこの症状が出ているわけではありませんが、比較的多くに見られる症状です。

頭皮が硬いとAGAになりやすい?

頭皮の硬さは人それぞれで、個人差もありますが、一般的には年を取るごとに、頭皮は硬くなっていくといわれています(老人性脱毛症とAGAの関係)。そして、頭皮が硬いとハゲやすいとも言われていますが、実際にAGAに悩まされている人には、頭皮が硬くなっている人も多いのです。

頭皮の下に走っている毛細血管が、なんらかの要因で血行不良となり、それが原因で頭皮の新陳代謝が悪くなってしまうことで頭皮が硬くなってしまいます。そして、加齢によって細胞の働きが悪くなる事で、頭皮が硬くなってしまう老人性脱毛症の原因もこれが含まれます。

新陳代謝が悪くなってしまうと、頭皮の柔軟性も無くなり、皮膚が突っ張ったような状態となってしまいます。これが頭皮が硬く感じられる要因です。そして、血行が悪くなっているということは、毛母細胞にも十分な栄養素が行き渡らなくなりますので、健康な発毛が行なわれなくなってしまうのです。

頭皮が硬くなる原因は?

頭皮が硬くなってしまう原因としては、先程挙げた「加齢」による細胞活動の低下によるものがまず考えられます。これは老化によるものなので、加齢が原因で頭皮が硬くなることは、誰にでも起こり得ます。

しかし、20代や30代の若いうちに頭皮が硬くなってしまう場合は、その原因はストレスや食生活、運動不足等が原因となっている場合が多いのです。現代社会は、ストレス社会とも言われていて、ストレスとは常に隣り合わせとなっています。

>>ストレスによる脱毛

また、パソコンによる作業が増え、運動する習慣も少なくなっていることから、運動不足による血行不良と、偏った食生活が原因で、「どろどろ血液」となってしまい、毛細血管を詰まらせてしまったり、血の流れが悪くなってしまう人が多くなっています。

血の流れが悪くなれば、新鮮な空気や栄養素を末端部分である頭皮まで送れないといった状態になってしまい、髪の毛を生やすための栄養が不足してしまう事態になってしまうのです。

>>運動不足とAGAの関係

頭皮マッサージで血流を改善する

頭皮が硬くなってしまう原因は様々ですが、そういった原因を取り除いていく他にも、頭皮を柔らかくする方法はあります。それが頭皮マッサージです。

頭皮マッサージを行なうことで、皮膚の下にある「帽状腱膜」を柔軟にし、毛細血管の血の流れを改善することができます。このマッサージは毎日の入浴の際に行なえば、入浴とマッサージを同時に行なうことができますので、忘れることもないでしょう。

方法としては、あまり強くは行なわず、頭皮を前後左右に軽く動かすような感覚で行なえば効果的です。強くマッサージを行なうと、毛細血管にダメージを与えてしまいますので、逆効果となってしまいます。

>>頭皮マッサージで髪の毛を育てる

毎日のシャンプーも重要です。シャンプーに関しては、「入浴の際のシャワーとシャンプーに関して」のページで纏めていますので、マッサージ方法と併せて、こちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク