圧迫性脱毛症(機械的脱毛症)

圧迫性脱毛症、または機械性脱毛症は、帽子やヘルメットなどを長時間かぶる事による圧迫などで、毛包が萎縮してしまう事によって起こる脱毛症です。圧迫性脱毛症の症状としては、額の生えぎわや頭頂部から脱毛を起こします。

圧迫性脱毛症の原因

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンや遺伝、生活習慣による影響で脱毛しますが、圧迫性脱毛症は同じ所を長期に渡って引っ張る事や、ヘルメットを長時間かぶる事による圧迫といった、「物理的な要因」が原因となって起こる脱毛症です。

また、重いかつらを着用する事によっても頭部を圧迫をする事もありますので、薄毛やハゲを隠すために使用するカツラによって起こる場合もありますので、かつらの購入を検討する場合は、なるべく軽いものを選ぶようにしましょう。

圧迫性脱毛症の治療と予防・対策

圧迫性脱毛症の原因ははっきりしていますので、対処方法も自ずと限られてきます。ヘルメットや帽子を長時間被らないようにし、頭皮を圧迫から開放する時間を設けます。

また、薄毛を隠すために帽子を被ったり、バンダナやタオルを巻いたりすることは、圧迫性脱毛症を招く恐れがあるので、できればやらないほうが良いでしょう。

仕事上、どうしてもヘルメットや帽子を脱ぐことができない場合でも、休憩時間は脱いで頭皮に風を当てる等して、長時間の圧迫が続かないように工夫します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク