BCリーグ新潟新監督「ギャオス内藤」が植毛に挑戦!

AGA(男性型脱毛症)に関連する記事で面白い記事を発見しました。元ヤクルトスワローズの投手で、現在はBCリーグ(独立リーグ)で監督を務めている、「ギャオス内藤」が植毛に挑戦するとのことです。以下に掲載されていた記事の内容を一部引用して紹介します。

先日報道された、元ヤクルト・スワローズの内藤尚行氏(44)通称「ギャオス内藤」のBCリーグ新潟の新監督就任と同時に、ギャオス内藤がもう一つの新たなる挑戦を行った。それはなんと「植毛」である。薄毛に悩む方であれば、その名前は聞いた事があると思うが、この度ギャオス内藤も、この植毛に挑戦したという。

~中略~

その対策のひとつが「植毛」だ。植毛というと「痛い」「怖い」といった意見を良く聞くが、現在の医学では、自分の髪の毛を移植することで、自然に本物の髪の毛を手に入れられる「植毛」に大変注目が集まっているという。その中でも、特に実績件数17,000件以上、国内シェアNo.1を誇る、自毛植毛専門のクリニック「アイランドタワークリニック」がオススメだ。

最近、TVコマーシャルでよく見かけるであろう、「アイランドタワークリニック」は、元プロ競輪選手・中野浩一さんが実際に植毛したことで有名。その施術方法は「自毛植毛」。生命力の強い自身の後頭部から毛を“移籍”させるというもの。またカツラのように突然髪の毛が復活するのではなく、徐々に生えそろってくるように自然な風合いに仕上がるので、周囲の目も気にならない。その上、メスを使わず、頭皮も切らないという、国内唯一の画期的な施術法のため、痛みを感じることもない、といいこと尽くめなのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/7245389/

アイランドタワークリニックのホームページを見てみると、すでにギャオス内藤さんがバナーにも掲載されており、自毛植毛によってこれからどのようにして髪の毛が増えていくかをレポートしていく形のようです。

特集コンテンツの中では、ギャオス内藤さんが薄毛に対する悩みを語っておられますので、同じく薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、このコラムだけでも見ておくと良いかもしれませんね。

自毛植毛は育毛剤を除けば最も有効的な手段

自毛植毛は、育毛剤と同じく昔から存在している方法で、その歴史も深くて長いのですが、手術を行なう必要があるので「痛い」「高い」といったマイナスのイメージが強いというのが一般的のようです。

しかし、ミノキシジルフィナステリドを含んだ育毛剤を除けば、他の発毛方法としては最も有効的なAGA対策となるのが自毛植毛なのです。施術の種類もいくつか存在し、あまり世の中に知れ渡っていないのが現状ではありますが、育毛剤と併せて、AGAの有効な治療法として期待されていることは確かなのです。

ちなみに、ギャオス内藤さんのアイランドタワークリニックによる自毛植毛の結果発表は、2013年の1月中旬頃とのこと。いったいどれくらい髪の毛の量が増えるのか楽しみですね!

2013/2/14 追記

その後、無事植毛手術も完了した様子で、術後1ヶ月経った現在の内藤さんのレポートが掲載されています。

ギャオス内藤の自毛植毛体験記
http://www.gyaos-itcl.com/

今後、継続して経過がレポートされていくことになるでしょうが、レポートを見る限りでは、やはりショックロスによる一時脱毛は起こっている様子。現在2ヶ月目とのことなので、半年程経った際に、もう一度サイトを確認してその状況をお知らせしたいと思います。

私が受けている訳ではありませんが、いちプロ野球ファンとして、ギャオス内藤さんの今後の状態は凄く気になりますので!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク