子供の若白髪の原因と対策・治療法は?

若白髪とは、20代~30代の青年期に生えてくる白髪の事で、中には10代や幼児期の子どもにも白髪が生えてくることもあり、それらをまとめて「若白髪」と呼んでいます。

若いうちから白髪が目立ってしまうと、何か人よりも苦労をしょいこんでいるのでは?といった、微妙な視線を感じてしまい、居心地が良いものではありません。では、何故若いうちから白髪が発生してしまうのでしょうか?

遺伝による若白髪

白髪の原因は、大きく分けると「老化」と「遺伝」に分けられるのですが、若白髪の主な原因は、後者の「遺伝」によるところが大きいとされています。

両親や両祖父母に白髪の多い家系だった場合、若白髪が生えやすいという統計が実際にあります。このことからも、若白髪は遺伝に拠る所が大きいとされていますが、遺伝による白髪が発生するメカニズムというものは、未だ解明に至っていないのです。

しかし、遺伝による若白髪で分かっている原因はいくつかあります。一つは、髪の毛の色(メラニン色素)を生成する「メラノサイト」と呼ばれる色素細胞の機能が低下しやすい体質が遺伝していると、若いうちから白髪が発生しやすくなります。もう一つは、髪の毛にメラニン色素を含ませる機能が、他の人に比べて低いという体質が遺伝しているということです。

ストレスによる若白髪

ストレスも若白髪を発生させる原因となります。強いストレスや慢性的なストレスを感じることによって、身体が常に緊張した状態になります。すると、緊張により筋肉が硬くなってしまい、柔軟性を低下させた結果、血行不良を引き起こしてしまうのです。

血行不良によって、髪の毛の成長に必要不可欠な栄養素が運ばれにくくなってしまいます。メラノサイトへも栄養が運ばれなくなり、細胞の活動が低下して、白髪が増えてしまうというわけです。

ストレスは年齢に関係なく起こりますので、そのストレスが原因で、若くても白髪は発生してしまうのです。特に子供において、ストレスによる白髪は発生しやすいと言われています。

子供はストレスに対してまだ耐性が低く、免疫も出来上がっていません。その状態で、強いストレス(家庭の問題や学校での出来事、受験や友達関係等)を受けてしまうと、敏感に体に影響が出てしまうのです。その結果が白髪ということは、珍しいことではありませ。

子供の若白髪は、何らかの危険信号でもあります。大人がしっかりとそのシグナルを見つけて、問題の解決に導いてあげる必要があります。

乱れた食生活による若白髪

白髪の原因のページでも詳しく説明していますが、通常の白髪の発生と同様に、若白髪は生活環境の悪化や、偏った食生活でも発生します。

幼少の頃から、インスタント食品や趣向品(お菓子やジュース等)ばかりを食べ、栄養が偏ってしまった子供には若白髪が多くなるという研究データもあるのです。

メラニンを生成するメラノサイトは、色素細胞なので代謝と死滅を繰り返して、その働きを維持しています。代謝に必要な栄養素が無ければ、その活動は低下していくばかりです。

若い頃は代謝の活動も活発なので、食生活をバランスよく改善するだけで、たちまち若白髪が改善する場合も多いのです。

規則正しい生活が若白髪を予防する

若い頃というのは、体力も有り余っていますので、夜中まで遊び通したり、徹夜で行動したりと生活が不規則になりがちです。

食生活にしても、パワーが出る炭水化物だけ摂っていれば、行動不能に陥ることも無く、野菜や果物を含めたバランスの良い食事をしなくても、すぐに影響が出てくるわけではありません。

しかし、徐々に年を取るにしたがって、その影響は確実に体に現れてきます。若白髪はそのようなライフスタイルの乱れを知らせてくれるシグナルでもありますので、そういった「サイン」を見逃さず、一度自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

薄毛や抜け毛、白髪が気になる場合は、まずは生活の改善が治療や予防、対策の第一歩となるのです。以下にそのヒントとなりそうな記事をいくつか紹介しておきますので、よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク