バンドル植毛(バンドル法)

バンドル植毛とは、採取したドナーを毛包単位でグラフト分けし、植毛針で植えつけていく植毛方法です。毛包単位で植え付けていく方法として有名な手法にFUT法がありますが、このバンドル植毛も基本的に同様の方法で植毛を行ないます。

FUT法と大きく違う点としては、FUT法は顕微鏡によってグラフト分けを行い、メスで切り込み(スリット)を入れて植毛を行なうなうのですが、バンドル法では顕微鏡は使わず、専用の針(ニードル)を使用して植毛するという違いがあります。

毛髪単位でグラフト分けする従来の方法よりも、最小かつ頭皮にとって自然なグラフトとなるので、より自然な仕上がりとなります。

バンドル法のメリット

バンドル法のメリットは大きく分けて以下の二つがあります。

仕上がりが綺麗

毛包単位でグラフト分けすることによって、毛根と毛髪が成長するために最適な環境を損なわずに植毛することが可能です。毛包の単位も小さいことから、頭皮の方向や角度にも自由度が増し、より自然な仕上がりを実現することが可能です。

傷痕が残りにくい

メスによってスリット(切れ込み)をいれる方式に比べて、ニードル式のバンドル植毛は傷口が残り難くなる特徴があります。ニードル式は細い注射針のような専用の機器を使って埋め込みを行ないますので、切り込み式よりも傷跡が少なくなります。

そして、スリットの作成後に植毛を行なう方法に場合に比べて、針による穴あけと植毛を同時に行なうことができるため、より短時間で手間が少なく施術することが可能となります。

バンドル法のデメリット

FUT式のデメリットとほぼ同じ事が言えますが、手作業による細かい作業のため、施術には時間がかかります。担当医師やスタッフにも高い技術が求めらますので、バンドル法による植毛を行なう場合は、クリニック選びが重要となってきます。

>>信頼できる自毛植毛クリニックの選び方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク