フィナステリド含有の育毛剤は女性は使えない

フィナステリド配合の育毛剤は、男性型脱毛症診療ガイドラインの中でも「発毛に効果がある」とされる推奨度がAランクとなっており、薄毛・抜け毛対策としてはミノキシジル配合の育毛剤と並んで、最も効果があるとされています。

しかし、フィナステリドは女性の服用はもちろん、女性が接触することも禁忌とされています。

フィナステリドが女性には禁忌となる理由

元々、フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使用されてきた薬でした。しかし、フィナステリドを投与した患者に、頭髪を含めた体毛が濃くなるという副作用が現れます。そして、この副作用を育毛剤として利用しようと研究を進めた結果、誕生した育毛剤が「プロペシア」です。

フィナステリドは、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することで、抜け毛を予防します。しかし、女性にとってはこのDHTを抑制するという効果が、逆に副作用となってしまいます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、幼児期、特に胎児において、男性の性器を作るという大切な働きがあります。妊娠中の女性がフィナステリドを使用すると胎児の正常な発達が阻害される恐れがあるのです。

但し、フィナステリドを服用しても精子までは影響は出ないので、薄毛治療をフィナステリドで行なっている男性との間で妊娠しても、胎児には影響はありません。この成分を、女性自身が服用したり、肌に触れたりすることではじめて影響が出るというわけです。

薄毛は男性だけの悩みではない

薄毛は男性だけの問題でもなく、女性でも薄毛に悩んでいる人は大勢います。しかし、発毛効果が高いからといって、フィナステリドを使用することは絶対にやめてください。

ちなみに、男性型脱毛症診療ガイドラインで同じく推奨度がAとなっているミノキシジルに関しては、女性が使用しても問題ありません。また、女性用の育毛剤として、パントガールというものがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク