生活習慣による白髪

生活習慣が乱れてくると、白髪の発生の頻度も増えてしまいます。現代の日本社会はストレス社会とも言われており、不規則な生活や慢性的なストレスが影響して、体を壊してしまう人も少なくありません。

「苦労していると白髪が増える」とはよく言われますが、慢性的な疲労やストレスは、実際に白髪を発生させる原因となっている可能性があるのです。

今すぐに、規則正しい生活スタイルに戻すことは難しいとは思いますが、改善を心がけていくだけで、少しでも生活の質を良くしていけば、白髪の発生を抑える事ができるかもしれません。

睡眠による白髪改善

慢性的な睡眠不足を抱えていると、白髪が発生しやすい頭皮環境に変化してしまいます。なぜなら、髪の毛が一番成長するタイミングは「睡眠を取っている間」だからです。(睡眠不足とAGAの関係

特に、22時から2時までの4時間は髪の成長を促すことができる「成長ホルモン」が多く分泌される時間と言われています。残業等で難しいとは思いますが、可能であればこの時間帯は睡眠に当てたいところです。

昔から「寝る子は育つ」と言われてきましたが、まさに睡眠中は「成長ホルモン」が一番分泌されるタイミングなのです。先程説明した22時~2時の間が一番成長ホルモンが分泌されるのですが、もちろん普通に睡眠している時間も成長ホルモンは出ています。

ちなみに、一般的にちょうど良い睡眠時間は7時間~7時間半程と言われています。髪の毛のことを考えると、これくらいの時間は睡眠に充てたいところですが、残業等で寝る時間が遅くなってしまう場合は、最低でも6時間は睡眠を取るようにしましょう。

睡眠不足が続けば、成長ホルモンの分泌量が低下し、ストレスの増加や疲労の蓄積による慢性疲労など、白髪が生えやすくなる条件が揃ってしまいますので、注意が必要です。

運動による白髪改善

運動不足とAGAの関係のページでも説明していますが、運動不足は体の血流を悪化させ、薄毛や抜け毛、そして白髪の原因となってしまいます。

現代の日本は、交通機関がしっかりと整備されており、通勤の際も「歩く」ことがどんどんと減っています。オフィスでもパソコンによる座り仕事が増え、いわゆる「運動不足」が顕著となり、体の筋肉の衰えも早くなっています。

血液の流れというのは心臓だけでなく、全身の筋肉も関係しています。頭皮や首の周り、肩にも筋肉はたくさんあるのです。そして、心臓に血液を送り返したり、血液がスムーズに流れるようにするためには、ある程度の筋肉の使用が必要です。

運動不足は血の流れを悪化させ、頭皮まで十分な血液を運ぶことが出来なくなってしまいます。そうなれば、髪の毛まで栄養素が運ばれず、白髪が生えるようになってしまいます。

「ついで」運動で血流改善

かといって、いきなり運動を始める時間もなければ、習慣付けることも難しいというのが一般的な意見です。

その場合は、まずは身近にできる「ついで」の運動を実践していきましょう。毎日使っている駅であれば、1駅前で降りて残りは徒歩で歩くとか、エレベーターやエスカレーターは使わず、階段を利用するといった形です。

オフィスでも階段を積極的に利用するようにして、とにかく少しでも歩くことを心がけてください。そして、土日等の休みの日は、家でゆっくりとしたくなるところですが、ウォーキングやジョギング等で軽く汗を流して見ましょう。

実は、少し運動したほうが疲れというものは取れやすくなるのです。これはスポーツの世界でも取り入れられており、「アクティブレスト」と言います。こちらの土日祝日の「寝溜め」は逆に疲れる要因になるのページで、アクティブレストについて詳細が載っていますので、健康のためにも実践してみてください。

少しずつ運動に慣れてくれば、次の段階で「有酸素運動」を取り入れて、髪の毛も体も健康に維持できるように改善を行っていきましょう。

>>有酸素運動で血流を改善する

禁煙による白髪改善

喫煙の習慣のある人は白髪が生えるリスクが大幅に増えるとされています。(喫煙や飲酒の影響による脱毛

タバコの中にはニコチンが含まれていますが、このニコチンは血管を収縮させて、血行を悪くする作用を持っています。タバコが血の流れを悪くする、という事実は、タバコを吸っている人なら、実は多くの人が知っている事実なのです。それでも、「まあ大丈夫だろう」と思い、吸い続けることで、髪の毛だけでなく、健康面をも害してしまうのです。

血の流れが悪くなる事は、運動による白髪改善の項目ですでに説明した通り、白髪や抜け毛発生の原因となってしまいます。さらに、喫煙によって血液中の酸素が一酸化酸素に置き換わってしまうので、細胞の代謝に必要な酸素量が不足し、代謝が低下することも白髪の原因となります。

禁煙は相当な努力が必要で、禁煙のための専門外来があるくらいです。それでも、薄毛に悩むのであれば、禁煙は避けては通れない道とも言えますので、少しずつ本数を減らしたり、電子タバコ等の代替品を使うなどして、体に溜まるニコチンの量を少しずつ減らす努力を行なっていきましょう。

ストレス解消による白髪改善

ストレスは全身の筋肉を緊張させ、筋肉を硬くしてしまいます。筋肉が硬くなれば、血行も悪くなりますので、髪の毛まで栄養や酸素が行き渡らなくなってしまいます。

さらに、ストレスは内臓にも大きな負担をかけてしまいます。食生活で白髪を改善するの中で、消化器系の不調は白髪の原因となると紹介しましたが、ストレスによって胃腸が不調になれば、同様に栄養素の吸収が十分に行なわれず、髪の毛に必要な栄養素を摂取することができなくなってしまいます。

また、ストレスによって自律神経が過敏になると、睡眠困難や慢性疲労などの弊害が起こることもあるので注意が必要です。

>>ストレスによる脱毛

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク