白髪染めの下準備

白髪染めにいちいち下準備が必要なのか?と思う方も多いと思いますが、髪染めの際のムラを防いだり、周りの家具や床を白髪染めで汚さないためにも、いくつかの下準備を行なっておけばスムーズに短時間で白髪染めを行なえるようになります。

このページでは、白髪染めに関しての下準備をいくつか紹介したいと思います。

白髪染めの際に準備しておきたいもの

通常、白髪染めを購入すれば、一緒に説明書も入っているのですが、ここで紹介しているものも、基本的には同じものが書かれています。ただし、せっかく用意されている説明書をあまり読まずに染め出す人もいますので、このページを読んで予備知識としてもらえれば幸いです。

  • 白髪染め(※必ずパッチテストを行なってください)
  • ティッシュペーパー
  • ケープ(白髪染めの中に薄いビニールのものが入っている場合もあります)
  • 鏡(出来れば固定できるものと手鏡の両方)
  • 新聞紙(床や家具を保護するもの)
  • 汚れても良いタオル
  • 手袋(多くは白髪染めとセットになっています)
  • 輪ゴム(手袋が外れないように固定する)
  • 時計(時間経過をチェックできるものであればなんでもOK)
  • 前開きの服(シャワー時に頭を通さずすぐ脱げるように)
  • コールドクリーム(染料が付着しやすい部分に予め塗っておくと簡単に落とすことができます。例えばフェイスラインやもみあげ、うなじなど)
  • 目の粗いコーム
  • ヘアクリップ等の髪留め
  • ヘアキャップorラップ(白髪染めの浸透性をより高めたい場合に)

種類だけ見ると、たいそうに感じてしまいますが、すべて自宅の中で準備できるものだと思いますので、綺麗な仕上がりにするためにできれば上記のリスト分は揃えておきましょう。

白髪染めを始める前に

白髪染めの準備が整ったら、実際に白髪を染めていく作業に入ります。しかし、ここでもう人手間かけておきましょう。白髪染めの仕上がりがさらに良くなります。

ブラッシングで髪をとかす

髪の毛が絡まっている状態だと、髪の毛全体を均一に染めることができなくなる可能性があります。ブラッシングによって髪の毛のほつれを無くし、さらに髪の毛に付着した汚れを落として、白髪染めを行なうための下地を整えておきます。

また、スタイリング剤などを使用している場合は白髪染めの効果が弱くなってしまいますので、事前に落としてから白髪染めを行いましょう。

コールドクリームを塗る

白髪染めが付着すると困るような場所には、予めコールドクリームを塗っておきましょう。コールドクリームを塗っておいた場所に万一白髪染めが付着しても、ティッシュ等で簡単に拭き取る事が出来るようになります。

付着しやすい部分としては、髪の毛の生え際や額部分、もみあげなどの耳周辺、フェイスライン、うなじなどがあります。

着替えておく

白髪染めの最後にシャワーで染料を洗い流しますが、そのときにすぐに脱ぐことが出来る服に着替えておきます。また、万一白髪染めが付いても大丈夫な服に着替えておけば、大事に至ることはないでしょう。そして、出来れば頭から被るものではなく、前開きタイプの服に着替えて置きます。

他には、ピアスやイヤリング、指輪といったアクセサリー系も外しておきましょう。

これらの準備が整ったら、いざ白髪染めを始めていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク