白髪染めの前にはパッチテストを必ず行なう

パッチテストは、ヘアカラーや白髪染めで使用されるテスト液(1剤と2剤を適切な割合で混ぜ合わせたもの)を、腕の内側に薄く塗り、アレルギー反応を調べるテストです。

白髪染めには、頭皮に刺激を与える可能性のある成分がいくつか含まれています。白髪染めを行なうと髪の毛が抜けてしまう?のページでも書きましたが、それらの成分が毛根に働きかけて脱毛に至る可能性は非常に低いと言えるのですが、使用する人の体質によっては、強いアレルギー反応がでる可能制があります。

場合によっては危険な状態に陥る可能性もあるアレルギー反応を事前に知っておく意味でも、パッチテストは必ず行なうようにしてください。

パッチテストの方法

パッチテストを行なうには、まずはテスト液を作成する必要があります。通常は説明書に作り方が詳しく載っていますので、白髪染めを購入した際は、説明書を必ず一読するようにしてください。

テスト液の作成

このテスト液というものは、白髪染めを作るために必要な1剤と2剤を適切な量で混ぜ合わせた、ごく少量の白髪染め液です。混ぜ合わせるそれぞれの分量については、取り扱い説明書に記載されていますので、分量を間違えないように混ぜ合わせます。混ぜ合わせる際は小皿などで綿棒を使って混ぜ合わせれば問題ありません。

ちなみに、パッチテストが完了するまでに48時間程度が必要となるため、間違って全ての分量を混ぜてしまわないように注意してください。パッチテストに必要な量は100円玉程度の分量でOKなので、テスト液作成の際の目安にしてください。

テスト液を腕の内側に塗る

少量のテスト液を作ったら、次はその液を腕の内側に薄く塗っていきます。腕の内側に塗る理由は、色の変化がわかりやすいという点、そして簡単に洗い流すことが出来るという点です。塗る範囲も100円玉程度の面積で問題ありません。

あまり広範囲に塗ってしまうと、万一アレルギー反応が出た場合に、影響が大きくなってしまいます。また、乾くのに時間がかかってしまいますので、もし塗りすぎてしまった場合は、ティッシュペーパー等で軽く拭き取るようにしてください。

放置する

テスト液を塗った部分が何かに触れて落ちてしまわないようにして、48時間程度放置します。テスト液は乾いてしまえば簡単には落ちないので、そこまで敏感になる必要はありませんが、入浴時などに落ちてしまうことが多いので、腕にラップを巻いておくなどの工夫をしましょう。

そして、放置している間はこまめに塗布した部分を観察するようにします。最初は塗り始めてから30分後にアレルギー反応が出ていないか確認してください。その後、半日後、次の日の朝、その日の夜と数回チェックし、最低でも3回はチェックするようにします。48時間が経過した時点で何もなければ、その白髪染めは使用しても大丈夫ということになります。

この放置している過程で、もし赤みが出たり痒みや発疹が現れた場合は、アレルギー反応が起こっています。すぐに洗い流すようにして、その白髪染めは使わないようにしましょう。腕に変化が無くても、気分が悪い等の体調不良が起こった場合も同様にすぐに洗い流します。

48時間待つ

白髪染めのテスト液を腕の内側に塗った後、48時間以内に発疹や赤み、炎症、かゆみや体調不良が発生した場合は、その白髪染めに対してはアレルギー反応が起こるということになりますので、使用は中止します。

逆に、48時間を経過しても何も起こらなかった場合は、その白髪染めは問題ないということになります。

同じ商品を使う場合でもパッチテストは行なう

パッチテストは、色々なヘアカラーや白髪染めを使い慣れてくると、新しい商品を使った場合につい疎かになってしまう場合があります。しかし、前述したように、中には激しいアレルギー反応を示す場合もありますので、必ず行なうようにしてください。

さらに、このアレルギー反応というものは、その日の体調によって出たり出なかったりする可能性もあるのです。体調が少し悪いときだと、それまでは大丈夫だった成分に反応を示すことも有りますので、過去に使った際には大丈夫だったから今回はパッチテストは必要ない・・という風にはしないようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク