全体染めと部分染め

白髪染めには部分染めと全体染めの2種類があります。始めて白髪染めを行なうという場合は「全体染め」を行なうことになりますが、2回目以降は新たに生えてきた生え際や根元の白髪だけを染める「部分染め」を行なうのが一般的です。

白髪染めは頭皮への影響を配慮し、なるべく刺激の少ない成分で作られているのですが、薬品を使っている以上は頭皮に少なからず影響を与えてしまう可能性があります。

できるだけ頭皮への負担を最小限に抑えるためにも、全体染めと部分染めを使い分けて白髪染めを使っていきましょう。

部分染めと全体染めの使い分けで頭皮へのダメージを最小にする

全体染めは、通常染める場合に用いる方法で、頭髪全体に白髪染めを馴染ませて染めていく方法です。初めて白髪染めを使う場合や、髪の毛全体に白髪が増えてしまった場合には、こちらの全体染めで染め上げることになります。

手間も少なく、効率的な白髪染めを行うことができるのですが、髪と頭皮にとっては負担が大きい染め方だと言えます。

そして、頭皮の負担をなるべく少なくして白髪を染める方法が部分染めです。この部分染めは「リタッチ」と呼ばれていて、新しく生えてきた白髪の部分だけをピンポイントで染めていきます。

全体染めによる白髪染めを行っても、2ヶ月~3ヶ月もすれば生え際にはかなりの白髪が生えてきます。そのために、白髪染めは定期的に行う必要があるおのですが、短期間に何度も全体染めを行なっていては、頭皮にかぶれや炎症といった影響が出ないとも言い切れません。

また、一度白髪染めを使った後は、頭皮のダメージを避ける意味でも、再度白髪染めを使用するには2~3ヶ月以上の間隔を空けることが望ましいとされています。

全体染め

全体染めを行なう際には、均一に薬剤を行き渡らせる必要があるので、髪の毛に均一に馴染みやすい白髪染めを選びましょう。塗りやすさも選ぶ上でのポイントです。

クリームタイプの白髪染め

比較的薬剤の伸びが悪いクリームタイプを全体染めに使った場合、どうしても薬剤を塗るのに時間がかかってしまいます。そのため、最初に塗った部分は染まりすぎて、最後に塗った部分は染まりがイマイチということも起こりえます。クリームタイプはどちらかといえば、部分染めに向いています。

液タイプ・乳液タイプ・泡タイプ・ムースタイプがオススメ

全体染めを行う場合は、髪に馴染ませやすい液タイプや乳液タイプ、泡タイプ、ムースタイプがオススメです。

他にも、シャンプーやトリートメントとして利用することによって白髪を染めることができるものも販売されています。このタイプは毎日利用することを前提としており、即効性は無いのですが、肌や髪に負担をかけることなく、毎日全体染めを行うことができるというメリットがあります。

頭皮が刺激に弱く、どうしても通常の白髪染めが馴染まない場合は、これらのシャンプー&トリートメントタイプの白髪染めを試してみてください。

部分染め

部分染めを行なう際は、全体染めとは逆に、薬剤の伸びが悪いクリームタイプがお勧めです。これは、部分的に白髪染めを行なっている途中で、液ダレを起こさせないための配慮です。

液ダレが起こってしまうと、染める必要の無かった箇所まで薬剤が行き渡ってしまい、色ムラの原因となってしまいます。しかし、クリームタイプは液ダレが起こりにくく、薬剤がその場に留まってくれますの。染めたい箇所だけをピンポイントで染めることが可能なので、色ムラを防ぐことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク