天然染料ヘナによる白髪染め

最近は白髪染めの品揃えも豊富となり、様々な種類が販売されるようになってきました。その中でも最近特に人気となっているのが、自然界に存在している天然染料を利用した白髪染めです。

古くから利用されてきたヘナ

天然の染料である「ヘナ」は、インドやネパール、パキスタン等の西アジアを中心に自生している植物です。ヘナの葉や実をすり潰して取り出したエキスは、古来より様々な用途で活用されてきました。

古くは古代エジプトからヘナは利用されていたという記録が残っており、あのクレオパトラも化粧品として愛用していたと言われています。

ヘナは染料としての用途だけでなく、優れた殺菌・抗菌作用を持っており、頭皮の炎症を抑える効果に加えて、天然のトリートメントとしての効果も持っており、髪の毛にハリやツヤ、コシを与えることができるといわれています。

このような優れた特徴がありますので、ヘナは肌質が敏感で弱い人にも安心して利用できる、髪の毛や頭皮へのダメージが少ない天然染料として高い人気と多くの指示を集めています。

ヘナによる白髪染めの特徴

ヘナによる白髪染めの特徴として、ヘナ本来の色がオレンジ系であることから、ヘナの成分だけで白髪を染めてしまうと明るくなりすぎてしまいます。そこで、ヘナによる白髪染めには他にも、藍やクチナシ、ウコンといった他の天然染料と一緒に配合されていることが多いです。

また、ヘナによる白髪染めはあくまで天然の染料で白髪を染めていくために、従来の白髪染めに比べて一度に全てをしっかりと染め上げることはできません。しかし、頭皮や髪への刺激が極端に少ないため、何度でも繰り返して利用することが可能です。繰り返し使っても頭皮や髪へのダメージが少ないので、白髪染めに適した染料であると言えるでしょう。

しかし、世の中には植物に対してもアレルギーを起こす人はいます。天然由来だからと過信せず、パッチテストは必ず行なうようにしておきましょう。

おすすめのヘナ配合を配合した白髪染め

現在、白髪染めは通販業界だけでも1000億円市場となり、かなり大きな業界となっています。それだけ「美」と「若さ」への意識の高まりと、高性能で安全性の高い白髪染めが一般化し、自宅でもお手軽に白髪染めが行なえるようになったといえます。

特に最近では、このページでも説明したようなヘナをはじめとする、天然由来の白髪染めが増えており、その選択の幅もかなりの広がりを見せています。

以下に簡単ではありますが、ヘナを配合した天然由来の白髪染めをいくつか紹介しておきます。商品による機能的な優劣は殆ど無いと考えていますが、あとは好みでどの商品が良いのかを選んで、自分の髪質に合う白髪染めを見つけていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク