キノリンイエローフリーのAGA治療薬

キノリンイエローは危険なのか?のページでも書きましたが、キノリンイエローに発がん性があるという情報は、噂の域を出ず、気にする事によるストレスでさらに髪の毛が抜けてしまうことにもなりかねません。

結局は気にせず、自分が一番良いと思う育毛剤を使用するのが一番なのですが、男性型脱毛症診療ガイドラインでも発表されているように、フィナステリドを含む育毛剤が最も効果が高いとされています。

発がん性は気になるけど、病院でも処方される育毛剤として有名なフィナステリドをどうしても使いたい・・・!という方には、「キノリンイエローフリー」のフィナステリド錠剤がおすすめです。

キノリンイエローフリーのフィナステリド錠剤は、有名なものには以下の種類が販売されており、キノリンイエローが入っていないということから、気になっていた人がプロペシアから乗り換えるという動きも最近では見られます。

キノリンイエローフリーのフィナステリド配合の育毛剤

キノリンイエローフリーのフィナステリド薬はいくつか販売されていますが、どの商品もフィナステリドの含有量は同じで、価格も似たようなものになっています。効果の程はどれも似たようなものとなっていますが、最近はプロペシアのジェネリックとして発売されている、エフペシアが価格も安いことから、良く売れているようです。

フィナロ

フィナロは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。育毛効果はフィンペシアやプロペシアと同じで、ミノキシジルとの併用でより高い効果が期待される点も同じです。フィナロの特徴として、キノリンイエローが含まれていない点、プロペシアよりも価格が安い点が挙げられます。

エフペシア

エフペシアはキノリンイエローフリーのフィナステリドを含有する、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。同じくフィナステリド製剤として有名なプロペシアのジェネリックです。プロペシアのキノリンイエローが気になっていた方には、こちらのエフペシアがオススメです。

フィナバルド

フィナバルドは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として有名なプロペシアのジェネリック薬で、キノリンイエローが使われていません。East West Pharma社が販売しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク