ノンシリコンシャンプーは頭皮を痛めないのか?

シャンプーに関しても、薄毛と抜け毛に少なからず関係している項目なので、当サイトでもコンテンツとして取り扱っているのですが、このページでは「ノンシリコンシャンプー」の話題に関して紹介してみたいと思います。

本当にシリコンシャンプーは頭皮を痛めるのか?

最近は「ノンシリコン」を謳うシャンプーが増えたこともあり、口コミサイトやTVCM、雑誌等でもノンシリコンの話題が散見されるようになってきました。しかし、シャンプーを使う側の人間とすれば、シリコンと聞いても「なんとなく髪の毛や頭皮に悪いようなイメージ」程度の知識しか無いのが普通です。

何時の時代も、「悪者」を退治してくれる「正義の味方」は人気者になれます。それが今回お話する「ノンシリコン」なわけですが、果たしてシリコンが髪の毛に与える本当の影響とは、どのようなものがあるのでしょうか?まずは、シリコンが悪いとされている点をいくつか紹介します。

  • シリコンは毛穴に詰まる
  • シリコンが付着することで皮膚呼吸ができなくなる
  • シリコンはキューティクルを剥がす
  • シリコンは頭皮を傷める

これは一般的に言われている「シリコンがダメ」な部分です。なんとなくでも、「自分もそんな印象を持っていた」と、シャンプーについて少し詳しい人なら思うことでしょう。

それでは、上記の点について、一つずつ解説していきます。

シリコンは毛穴に詰まる

シリコンは網目状にコーティングする性質と、水とも脂とも馴染まない性質があります。そのため、毛穴に入り込んで詰まらせてしまう様な浸透性はありません。

シリコンが付着することで皮膚呼吸ができなくなる

一つ上の項目でも紹介しましたが、シリコンは網目状の構造をしています。なので、水も空気も適度に通します。

シリコンはキューティクルを剥がす

これはまったく逆の事を言っています。本来、シリコンは剥がれ落ちそうになっているキューティクルを修復するために使われます。シリコンがキューティクルの代わりをすることで、髪の毛を保護して、コシとツヤを戻します。

しかし、シリコンは定着するわけではないので、いつかは剥がれ落ちてしまいます。その剥がれるときに、元々剥がれかけていたキューティクルが一緒になって剥がれ落ちることは確かにあります。

それでも、シリコンが剥がれかけたキューティクルをカバーしますので、本来であればすでに剥がれ落ちていたキューティクルを保護し、剥がれ落ちるタイミングを遅らせることができます。もしシリコンで髪の毛を保護していなければ、髪の毛のダメージ進行はさらに速まっていたはずなのです。

よって、シリコンがキューティクルを剥がしているわけではなく、毎日のトリートメントで少しずつ日替わりでシリコンが入れ替わりながら、髪の毛を保護していると考えてください。

シリコンは頭皮を傷める

昨今出回っている「シリコンスチーマー(Googleの画像検索を参照)」がレンジに入れても全く変化しないことからもわかるように、シリコンは高温に強く、強い酸性やアルカリ性にもほとんど科学的な反応を起こしません。

と、いうことは、シリコンが皮膚に触れても化学反応等は起きず、シリコンによって頭皮を痛めることは無いというわけです。

問題は「強い洗浄力」にあり

上記までの文章を見た方は、「ではシリコン入りのシャンプーでも問題は無い?」と思ったかも知れません。確かに、「シリコン」自体には問題はありません。そして、本当に問題となるのが「シャンプー自体の強力な洗浄力や脱脂力」なのです。

洗浄力や脱脂力が強ければ、汚れもしっかりと落ちて頭皮の脂もスッキリと取り除いてくれます。しかし、このままでは洗いあがりは非常にバサバサとなります。その「バサバサ」や「きしみ」を、言い方は悪いですが「ごまかす」ために使われるのが、シリコンなのです。

シリコンを使うことで、髪の毛はサラサラになりますが、強力な洗浄力と脱脂力で洗った頭皮は、非常にダメージを受けています。しかし、洗った後は頭皮がさっぱりしますので、「しっかりと頭を洗った」というスッキリとした気持ちが、「このシャンプーは良いシャンプーだ」と思わせてしまうのです。

「汚れも脂もしっかりと落として、スッキリできるなら良いシャンプーではないのか?」

残念ながらそうではありません。強すぎる洗浄力によって皮脂を根こそぎ取り除いてしまうと、皮脂を取りすぎた反動でさらに過剰分泌を起こす場合もあります。すると、脂漏性脱毛症頭皮の炎症等を引き起こし、それが原因で脱毛に至る場合もあるのです。

この一連の流れは、いわゆる「ダメシャンプー」に多い特徴です。製品の粗悪さをごまかすためにシリコンを使って、髪のパサつきを押さえているのです。

それなのに、最近の風潮では「シリコンが悪い」となっています。新たに商品を売って行くためには必要な宣伝かもしれませんが、なんだかな・・という気持ちになってしまいますね。

ちなみに、ノンシリコンシャンプーだからといって安心はできません。「シリコン」という悪者を排除したことで、また別の「悪者」が成分に紛れ込んでいることも少なくないからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク