ミノキシジルは生え際の薄毛には効果が薄い

発毛効果が高いとされているミノキシジルですが、その効果は決して万能ではありません。それは、ミノキシジルは頭頂部の薄毛(O型)には効果は高いが、生え際には効果は薄いと言われているためです。

生え際の育毛は非常に難しい

M型の薄毛に悩んでいる人にとっては少し厳しい現実ではありますが、ミノキシジルだけでなく、他の様々な育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリでも、生え際の薄毛改善は難しいと言われています。

何故生え際の薄毛は改善が難しいのかは、まだ科学的にもはっきりと判明していないのですが、一般的には抜け毛・薄毛の原因となるDHTという男性ホルモンが、生え際には最も多く存在しているからと言われています。

しかし、だからといって生え際の発毛が不可能というわけではありません。ミノキシジルと併せて発毛効果が高いと言われているフィナステリドを利用すれば、生え際の薄毛を改善できる可能性が残されています。

これは、フィナステリドは抜け毛の元凶となる5αリダクターゼがテストステロンをDHTに変化させる作用を阻害させる働きがあるため、DHTが特に多いとされる生え際の薄毛にも効果をもたらすというわけです。

もちろん、フィナステリドを使えば、必ず生え際の薄毛を改善できるわけではありません。それでも、様々な臨床実験や、実際にM型の薄毛が改善できたユーザーも多い事から、その効果の高さを伺うことができます。

生え際の発毛にはミノキシジルとフィナステリドを併用する

生え際の発毛は、薄毛となってから時間が経ってしまえば、さらに改善が難しくなるとも言われています。なので、頭頂部だけでなく、生え際の薄毛も気になるという場合は、できるだけ早いタイミングで治療を開始するべきです。

フィナステリドを含む育毛剤としては、プロペシアが最も有名ですが、現在では同様の成分を含んでいるフィンペシアやフィナロ、フィンカー、プロスカー、フィナバルド等、多くの種類が販売されています。

まだ薄毛が進行していない状態で、とりあえずミノキシジル育毛剤だけを使ってみるという場合を除いては、基本的にはフィナステリドも服用し、育毛効果を最大限に高めて治療を行なっていくことをお勧めします。

尚、これらの医薬的な作用が認められている育毛剤は、AGAの治療を専門とするクリニックや病院で処方してもらえます。まずは病院で検査を受け、自身の薄毛の状態をはっきりとさせて、最適な治療を受けるようにしてください。素人考えでの自己治療は大きなリスクを伴います。

関連記事:専門外来の発毛治療と一般病院の頭皮治療の違いとは?

病院へは行きたくないという場合は?

そうはいっても、病院へ行くほど薄毛が進行していないという方や、病院へ行かずに何らかの薄毛対策を行いたいという方もおられます。そういった方は、市販されている育毛剤を購入して治療と改善に当たることになります。

現在、市販されている育毛剤の中で、医薬的に作用が認められているものは、大正製薬から販売されている「リアップ」シリーズのみです。リアップは薬剤師が常駐しているドラッグストア等で購入が可能です。

巷では様々な育毛剤が販売されていますが、実際に効果が立証されている医薬品としては、上記のリアップが市販されているのみです。

リアップには発毛作用が認められている「ミノキシジル」が含まれており、CMでも謳っているように実際に作用が認められている育毛剤として人気を博しています。

また、ミノキシジルが含まれていない育毛剤でも、チャップアップの様に厚生労働省で認可されているような発毛効果が期待できる育毛剤も販売されています。

育毛業界は需要が高く、競争の激しい業界なので各社もしのぎを削ってよい製品を開発するために膨大な資金を投入しています。それでも、強力すぎる男性ホルモンの抜け毛作用には中々追いつけないでいる現状があります。

iPS細胞の登場によって、近い将来に完全に薄毛を治療することができるのでは?と期待が高まりつつありますが、それらの技術が確立されるまでは、専門の病院で治療を受けたり、育毛剤を利用する等して少しでも薄毛の進行を遅延させることに務めることが最善手なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク