ミノキシジルタブレットと心臓への負担の関係

ミノキシジルは、元々は血管拡張剤の一種です。血管を一時的に拡張する働きがあり、高血圧の治療薬として使われていました。その後、患者の毛髪や体毛が濃くなるという副作用を逆に利用して開発されたのが、ミノキシジルを含有する育毛剤です。

ここで気になるのが、ミノキシジルのタブレットタイプ(経口薬)を服用することによる、心臓への負担です。冒頭でも書きましたが、元々は血管を拡張させ、血圧を抑える働きを持つ成分です。髪の毛だけに作用する成分ではないため、人によっては重篤な症状をもたらす可能性もあるのです。

心臓に持病があったり低血圧気味の人は要注意

特に、心臓に持病があり、すでに血圧を下げる薬を服用しているような場合、特に注意が必要といえます。また、元々低血圧の人が服用する場合も、重篤な症状をもたらす可能性があります。

あくまでこれらは可能性の範囲であり、ほとんどが何も影響が無く利用することができるのですが、ミノキシジルを服用したことで、体に少しでも異変を感じたなら、服用をすぐにやめて、医師の診察を受けるべきです。

これからAGAの治療・改善を行ないたいと考え、高い期待を持って育毛剤を利用してしまうと、どうしても「良い面」ばかりを見てしまい、副作用等の「悪い面」を疎かにしてしまいがちです。

現在は、個人輸入によって処方箋が必要な薬を、手軽に手に入れる事ができる、便利な時代となりました。しかし、だからといって「たぶん大丈夫だろう」と、いきなり使用するのはとても危険です。自覚していないだけで、もしかすると大きな副作用を及ぼす可能性のある体質を持っているかもしれません。

育毛治療に限らず、どのような場合でも、やはり医師の診断をまず受けた後、問題無いと確信するまでは、自己流による治療は危険です。多少時間とお金がかかっても、まずは医師による診断を受けた方が安全性は高いといえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク