市販シャンプーの主成分 ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは悪なのか?

市販のシャンプーを使い続ける事は危険なのか?にも関係してくる記事となりますが、今回の記事では、市販のシャンプー関連の話題でよく取りざたされる、「ラウリル硫酸Na」と「ラウレス硫酸Na」について解説してみたいと思います。

関連記事:ラウリル硫酸Naが入っていないシャンプー オーセル オアシス天然シャンプー

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

初めに書いておきますが、私はこれらの成分を専門にしているような仕事を行っているわけでもなく、研究者でもありません。一般の素人が色々と調べた結果をまとめているものとなりますので、あくまで参考程度でご覧下さい。

まず、どのシャンプーを利用しようか考えた際、一番にチェックするべき成分が、ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naと言われています。他にも色々な成分がありますが、まずはこの二つを確認してみます。

この二つの成分はシャンプーの合成界面活性剤で、特に刺激と毒性が強いといわれています。私がお世話になっている美容師さんや、そのオーナーも声を揃えて危険だ!と言ってくるので、本当に危ないのかな?という気分になってしまいますね。特にこの二つの成分が入っているシャンプーは避けたほうがいいとのことでした。

では、実際のところはどうなのか?私は人に聞いたことはあまり鵜呑みにせず、自分で納得いくまで調べないと気がすまないタイプなので、その調べた結果を以下に紹介していきます。

ラウリル硫酸Na

まずはラウリル硫酸Naについて。ラウリル硫酸Naはアニオン界面活性剤(洗浄剤)の一種で、泡立ちが良く、強い洗浄性があり、安価に製造できるので、一般向けのシャンプーに良く使われている成分です。刺激性が若干ある為に、敏感肌であったり、乾燥肌のタイプの人は、まれに痒み等を感じる場合があるそうです。

ラウリル硫酸Naが危険だと言われている所以として、その分子量が非常に小さいので、肌の中に浸透していきやすいという点が挙げらます。この特徴から、「経皮毒(けいひどく)」になる可能性が高くなってしまうとのこと。

経皮毒とは皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることとして、竹内久米司さんらがその著書で使用している造語のことです。

また、洗浄力と脱脂力(油分を奪う力)が強く、さっぱりと皮脂や汗、汚れを取り除いてくれる半面、必要以上に頭皮から皮脂を奪ってしまうことにより、頭皮が乾燥して毛穴も痛んでしまいます。さらに、頭皮を守ってくれる皮膚常在菌を死滅させることにも繋がり、その結果、抜け毛や薄毛、フケや痒みといった症状を引き起こす可能性もあるわけです。

シャンプーとフケの関係とは?

後で述べますが、現在ではこのラウリル硫酸Naはあまり使われなくなっており、さらに石油ではなく、植物成分からの合成に切り替わっています。それでも、CMで紹介されているような、有名な市販のシャンプーであっても、まだまだ使われている成分でもあります。

ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸Naは、ラウリル硫酸Naの刺激性を緩和した成分で、こちらもシャンプー等に汎用されています。両者とも名前が非常に似ているので、どちらがどうなんだと混乱してしまいますが、先ほど紹介したラウリル硫酸Naの方が毒性が強いと言われています。

ラウレス硫酸Naは、ラウリル硫酸Naに比べて分子量が大きく、皮膚に吸収されにくくなっています。先に述べた「経皮毒」によって健康を害する恐れが低いともいえますが、しかし、洗浄力・脱脂力はラウリル硫酸Naと同様に非常に強く、頭皮・髪の毛の油分を根こそぎ奪ってしまいます。

結果的に、髪の毛が軋んでしまいますので、それを補うためにシリコンが使われたりします(ノンシリコンシャンプーは頭皮を痛めないのか?)。頭皮がオイリーな方なら良いかもしれませんが、敏感肌であったり、乾燥肌である場合は、使用は控えたほうが良いといえます。

ただし、ラウレス硫酸Naは様々なブログやサイトで言及されている程、頭皮にとって悪影響を及ぼすというわけではなさそうです。ラウリル硫酸Naと名前が似ているので同じものとして考えられることが多いことも原因なのかもしれませんね。

ラウレス硫酸Naについて|ラウレス硫酸Naについて非常に詳しくかかれた記事です

いずれにしても、名前に「硫酸」と入っていることから分かるように、名前からして、なんだか体に良くなさそうな気がしますね。

ちなみに、昔は石油から合成されていましたが、現在では植物成分からの合成に切り替わっているようです。この辺りは、消費者の方々も成分には敏感になりつつあるので、メーカーも気を配ってその製法や原材料を変更してきたということでしょう。

逆に穿った考え方をしてみると、やっぱり石油由来のものは、何らかのマイナス面もあったのかな?とも考えられますね。

>>ラウリル硫酸Naが入っていないシャンプー オーセル オアシス天然シャンプー

情報の受け取り方は人それぞれ

さて、あくまで中立的な立場として、以下の二つ程記事を紹介します。

こちらの記事では、ラウリル硫酸ナトリウムに関しての深い考察が書かれていますが、この中のさらに一文を紹介します。

ネットをぐるぐる回ってラウリル硫酸ナトリウム(SLSと略します。)の話を調べていると,いろんなところで「アメリカン大学毒物学部が出したレポートによると」という表記が見られますが,これについての話が英語版のWikipediaに掲載されています。

~中略~

「確かに兎の目にSLS(ラウリル硫酸ナトリウム)を滴下し,その後心臓や脳,肝臓から検出されたのは事実である。しかし,第一に,検出されたのは極めて微量であった。第二に(SLS溶液は滴下後)96時間たってから洗い流された(時のデータでしかない)。」

これはどういう意味かと言いますと,つまり目の中にSLSを滴下して96時間もそのまま放置するなんて言う現実的ではない条件で行った実験をして,やっと極微量のSLSを検出することができたと言うことです。

特に注目してほしいのが、赤字で装飾した部分です。96時間もラウリル硫酸Naを付着させ続けるというのは、あまりにも非現実的な時間ではあるのですが、この実験結果は見る人によって、まったく違う捉え方となる実験結果ですね。

非常に用心深く、健康にも相当に気を使っている人であれば、「少量であっても体に吸収されている」と受け取りますし、まったく気にしない人であれば「極少量なら問題ない」となるはず。かくいう私は、以前までは後者の方で、「少量なら問題ないのでは?」と考えていました。

それが、様々な情報を知るうちに、どうやらあまり良くないらしいということが分かってきたこともあり、市販のシャンプーの使用を中止しました。

シャンプーは基本的には毎日使います。それが10年20年と積み重なっていった場合、人体にどのような影響が出るのか?もし、将来的になんらかの影響が出てしまっても、きっとその原因がシャンプーである事実は、誰にも証明することはできないでしょう。

それでも、私は色々な情報を見た結果、市販シャンプーの利用を中止しました。これが絶対に正しいとはまったく思っていませんし、人に勧めることもありません。でも、シャンプーを変更したことで、頭皮の痒みと乾燥肌が改善したことは事実なので、その点に関しては変更してよかったなと感じています。

皮膚科や美容師にも相談してみよう

合成シャンプーの問題と危険性のページの最後にも書いたのですが、最終的に危険かどうかを判断するのは、その情報を見た人の自由です。それでも、自分ひとりだけであれこれと考えを巡らせてもきりがありません。自分の頭皮環境に疑問を持ち、現在利用しているシャンプーが自分にあっているかを誰かに相談してみるべきです。

具体的には、まずは皮膚科の医師に相談してみましょう。結果的に、シャンプーの変更を指示されたり、シャンプーとはまったく関係の無い皮膚の疾患が判明する場合もあります。

また、髪の毛のプロと言えば美容師の方々です。皮膚科の先生以上に詳しい知識を持っている美容師の方もいます。自分の頭皮の状態を見てもらって、お勧めのシャンプーを一度聞いてみてください。美容院で使われているシャンプーやリンスは高価なものが多く、なかなか購入しづらいとは思いますが、今後、シャンプーが原因で抜けてしまった髪の毛達の事を考えれば、安い買物と言えるでしょう。

ただし、お店の利益のために、ただ単に高いシャンプーを勧めてくるという美容師もいるかもしれないので、サロンに何度も通った上で、本当に信用できると思う美容師に相談するようにしてみましょう。

・・・と、いうわけで、少し記事が長くなってしまいましたが、そろそろ結論を。

様々な情報や宣伝文句、広告等が飛び交う現代ではありますが、そういった情報に左右されることなく、自分の髪や頭皮にぴったりと合うものを使っていけば良いと考えます。

今利用しているシャンプーに特に問題が無く、頭皮の痒みや乾燥、フケの増加も特に見られないのであれば、そのまま使っておけば良いですし、幾つもシャンプーを変えてみたが、頭皮環境がまったく改善されないのであれば、先にも書きましたが、皮膚科による診断を受けた方がいいでしょう。

私個人では、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが使われているシャンプーを利用することはもう無いとは思いますが、現状利用しているシャンプーで問題が無いのであれば、無理をして変更することもないと考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク