育毛メソセラピーの効果と副作用

育毛剤のカテゴリでこの記事を書いていますが、育毛メソセラピーは育毛剤ではなく、発毛治療に分類されるものです。しかし、ミノキシジルを利用した治療を行なう関係性もあることから、ミノキシジルの育毛剤のカテゴリに入れています。

育毛メソセラピーとは?

少し痛い表現を利用することになりますが、育毛メソセラピーでは、注射器によって頭皮の中に直接、ミノキシジルやフィナステリド(女性の場合はフィナステリドは使用しません)、VEGFやIGF-1等の成長因子や複合ビタミンなど、発毛に有効な成分を直接注射し、薄毛や抜け毛を改善していくというものです。ヘアールネッサンスメソセラピーとも呼ばれていますね。

ミノキシジルは、フィナステリドと並んで「発毛に最も効果がある」とされている成分で、一般的には、頭皮へ塗布することで利用します。そして、最近では「飲む育毛剤」として、タブレットタイプも販売されており、多くの薄毛に悩む人達の助けとなっています。

しかし、頭皮へ塗布するタイプであれば、頭皮から毛根へと成分を送ることになるため、効果が現れにくい場合があります。一方、タブレットタイプであれば、体の中から直接成分を毛根に送ることができるため、効果は高いと言えます。しかし、その分副作用も強くなり、全身の体毛が濃くなってしまうといった、ありがたくない発毛効果を及ぼしてしまうのです。

一方、育毛メソセラピーであれば、発毛に有効な成分を直接毛根に送り込むことができます。さらに、服用するタイプに比べて、全身への影響も少なく、体毛に悩むといった副作用も抑える事ができる特徴があります。

育毛メソセラピーの価格

育毛メソセラピーを行なっているクリニックは、まだそこまで多いとは言えません。しかし、Google等で用語を検索してみると、かなりの数のページ数がHITしますので、需要はかなりあるように思えます。

価格に関しては、育毛メソセラピーもAGA治療と同様に、健康保険が適応できない自由診療となりますので、一回の施術で15,000円~70,000円と、大きな開きがあります。

この価格の差の理由は様々ですが、まずは無料カウンセリングを受けてみて、2つ以上のクリニックで話を聞いてみることです。はじめて相談を受けたクリニックが言うことが全てではありません。いくつかのクリニックで話を聞き、総合的に判断して、施術を受けるクリニックを決めるべきでしょう(セカンド・オピニオン)。

通常、AGAの治療でも一回につき15,000円~30,000円程かかってしまいます。また、ミノキシジルやフィナステリドでの治療は、長期的に続けていく必要があります。

しかし、育毛メソセラピーであれば、初めの月は2週間~月に1回程度、その後は2~3ヶ月に1回の頻度で治療を受けるのが一般的です。治療を受けるクリニックの価格帯にもよりますが、通常のAGA治療よりも安くなる可能性もありますね。

育毛メソセラピーの効果

実際に施術を受けた方達の体験ブログや、病院の施術例を見ていると、効果はかなり高い部類に入るのでは?と感じました。

また、中には自毛植毛を行なった後、その後の薄毛・抜け毛ケアとして、育毛メソセラピーを併用しているケースもあるようです。

注射針で有効成分を直接注入する、とういう辺りに、「痛み」をとにかく連想してしまうのですが、最近では「ノーニードル育毛メソセラピー」と言って、注射針を使わない、傷みを伴わない施術方法もありますので、痛いのは嫌だという方でも、安心して治療を受ける事ができるのではないでしょうか。

最終的には、通常のAGA治療で行くのか、自毛植毛にするのか、育毛メソセラピーで行くのかは、治療を受ける本人が決めることです。担当の医師としっかりと相談を重ね、分からない部分があれば自分が納得するまで説明を受けて、安心して薄毛治療に望んでいくことが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク