ニナゾルシャンプーでフケ・痒みを改善

AGA治療にも有効な「ケトコナゾール」が主成分の薬用シャンプー

このニナゾルシャンプーは、ケトコナゾールが2%配合された薬用シャンプーです。この有効成分が抜け毛やフケ予防に効果を発揮します。また、ニナゾルシャンプーの主成分となっている「ケトコナゾール」は、近年の研究によって男性型脱毛症の治療にも有効であることが分かってきました。

ケトコナゾールとは?

ケトコナゾールの本来の働きは、カビの一種である「真菌(マラセチア)」を退治してくれることで、脂漏性による皮膚炎や粃糠性脱毛症(フケによる脱毛)を治療することです。

この様に、ケトコナゾールは元々は白癬(はくせん)や皮膚カンジダなどの皮膚炎の治療に用いられていたのですが、最近の研究によって、男性型脱毛症にも効果を発揮するということが分かってきたようです。

当ホームページでも何度も紹介しているフィナステリドと同様に、5αリダクターゼの働きを阻害し、悪玉男性ホルモン(DHT)が生成されるのを防ぐ働きがあることが分かってきました。

1998年に発表された論文によれば、ケトコナゾール2%シャンプーは、ミノキシジルが2%含有された外用薬と同等の効果を発揮したとのことです。

ミノキシジルの配合が2%というと、塗布型の育毛剤として有名なロゲインやカークランド、国内で販売されているリアップの5%よりも少ない数値となりますので、少し微妙なところではあるのですが、毎日利用するシャンプーにミノキシジルと同様の成分が含まれているというのはいいですね。

育毛シャンプーだけに頼る薄毛治療はNG

ちなみに、ケトコナゾールは男性型脱毛症診療ガイドラインの中では「C1(行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない)」にランクされています。明確な発毛結果のデータがまだ揃っていないので、このランクに属しているとも考えられます。

今後、ケトコナゾールがミノキシジルと同様の効果を発揮してくるのであれば、国内でもケトコナゾールを利用した育毛剤や育毛シャンプーの種類も増えてくるかも知れませんが、育毛シャンプーのみで髪の毛を生やすことは難しいと言えますので、あくまでフィナステリドやミノキシジルを使った治療の補助として考えておいたほうが良いでしょう。

それでも、毎日の頭皮ケアとして重要な「シャンプー」にも気を配り、薄毛治療の効果を最大限に発揮するためにも、シャンプーにも気を配るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク