プロペシアの効果・効能・副作用

プロペシアは、フィナステリドを有効成分とする育毛剤です。フィナステリドの効果・効能・副作用のページでは、プロペシアの主成分となっているフィナステリドについて詳しく解説しているのですが、このページではもう少し端的に、そしてプロペシアの服用という観点で、効果や副作用について説明したいと思います。

プロペシアの効果・効能

プロペシアに含有されているフィナステリドは、男性ホルモンによって脱毛に至ってしまう原因となる、「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制する働きがあります。

よく勘違いされることが多いのですが、フィナステリドに発毛効果がある訳ではなく、男性ホルモンによって毛が抜けてしまうことを防ぐことで、毛根のヘアサイクルを元に戻し、正しい発毛が行なわれるようになるというわけです。

結果だけを見ると、フィナステリドによって髪の毛が生えてきたように勘違いしてしまうのも当然ではありますが、正確には「異常な脱毛を防ぐ」ことが、フィナステリドの効果となります。

フィナステリドは、ミノキシジルと並んで発毛効果が高いとされている成分です。アメリカ食品医薬品局が認めた「男性型脱毛症(AGA)に効果のある薬」というのは、フィナステリドとミノキシジルのみであり、日本皮膚科学会で発表された男性型脱毛症診療ガイドラインの中でも、最高ランクに分類されるする成分です。

フィナステリドを含む育毛剤として、世界中の人に愛用されているのがプロペシアですが、他にも同様の効果があるフィナロエフペシアフィナバルド等も、愛用者が多いことで有名です。

ちなみに、日本のAGA専門医や一般的な薄毛治療では、プロペシアが処方されます。

プロペシアの副作用

全身の体毛が濃くなったり、心臓に負担がかかると言われているミノキシジル程の大きな副作用は報告されていませんが、プロペシアにも少なからず副作用はあります。

胃部不快感や性欲減退が最も多く、まれに肝機能障害が発生する可能性があると報告している製薬会社もあります。なので、自身の体質にプロペシアが合わないと感じたら、利用は控えたほうが安全といえます。

AGA治療を専門クリニックで受ければ、こういった副作用にも配慮しつつ、最適な治療法を提案してくれますので、やはり安全面で考えた場合は、専門の医療機関で薄毛治療を受けた方が安全でしょう。

自己流での薄毛治療は通院の必要が無く、費用面でも魅力的なのですが、デメリットも存在することを、しっかりと留意しておかなければなりません。

プロペシアの服用に関する注意点

プロペシアに含まれるフィナステリドは、女性の服用は禁忌とされています。服用だけでなく、接触に関しても同様なので、取扱いには十分に注意する必要があります。

万が一、服用してしまうと、胎児に外性器奇形が発生する可能性があると言われていますので、特に妊娠中の女性が家庭に居る場合は注意が必要です。

プロペシアによる薄毛治療を行なっていることを家族にもしっかりと伝え、こういった危険な面があることも知らせておくことで、予めリスクを回避するように心がけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク