プロペシアによる初期脱毛

フィナステリドを含むプロペシアの服用では、初期脱毛と呼ばれる段階が発生することがあります。ミノキシジルやフィナステリドで抜け毛が多くなる?でも、初期脱毛について詳しく書いていますので、このページと合わせて読み進めてみてください。

初期脱毛も一種の副作用

この初期脱毛が見られるのは、フィナステリドを含む育毛剤を服用した時です(※ミノキシジルでも初期脱毛は報告されています)。なので、プロペシアだけでなく、エフペシアやフィンペシア、フィナロやフィナバルドを服用した際も、同様の脱毛が見られる場合があります。

初期脱毛は一時的な脱毛なので、薬がしっかりと作用している証拠とも言えるのですが、ただでさえ抜け毛に対してナーバスになっている状態で、期待に胸を膨らませて服用した直後にこのような脱毛があれば、びっくりして服用をやめてしまう人も出てくるでしょう。

この初期脱毛も、フィナステリドの副作用とも言えますが、通常であれば2~3週間程で脱毛は収まり、その後徐々に発毛に至るという過程を辿る人が多いようです。中には1ヶ月以上も初期脱毛が続く場合もあり、個人差もあるといえます。

なぜ初期脱毛が起こるのか?

プロペシアによって初期脱毛が起こる理由にはいくつかありますが、その理由として有力とされているのが、ヘアサイクルの退行期に差し掛かっている毛髪が、新しい髪の毛の生成準備の為に抜ける落ちるために起こると言われています。

この現象は、乱れたヘアサイクルを一度リセットする意味があり、育毛剤がしっかりと効いている証拠でもあります。

また、抜け落ちる毛髪には、細い毛が多いのが特徴なので、抜けていることに気付かない人も多いのです。逆に言えば、太い毛が異常に抜け落ちたり、頭皮のかぶれやフケが増えたといった症状が現れた場合は、育毛剤が体に合っていない可能性もあります。

この様な異常脱毛に加えて、頭皮にトラブルが現れた場合は、医師の診断を仰ぎ、治療薬の服用をいったん中止した方が良いでしょう。

通常であれば、初期脱毛が終了した後、正常な発毛が行なわれていきます。初期脱毛にびっくりして服用をやめるのではなく、落ち着いて経過観察に努めて、余計なストレスを溜め込まないように努力しましょう。

髪の毛が抜け落ちることを必要以上に気にしてしまうと、それがストレスとなってしまい、頭皮に余計な負担をかけることにも繋がりかねません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク