生え際にはプロペシアが有効

ミノキシジルは生え際の薄毛には効果が薄いの記事では、生え際の薄毛、いわゆるM字ハゲには効果が薄いということを書きましたが、フィナステリドを有効成分とするプロペシアの服用はそのM字ハゲにも効果を発揮します。

生え際の薄毛改善が難しい理由

頭頂部の薄毛治療には、ミノキシジルやフィナステリドが有効で、比較的改善しやすいと言われています。しかし、生え際に関しては、脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)のが最も多く存在している箇所であり、血管拡張作用によって発毛を促すミノキシジルだけでは、薄毛の改善は難しいとされています。

しかし、プロペシアの服用は、このDHTが生成されないように男性ホルモンに働きかけます。抜け毛に繋がる直接の原因を取り払うことで、M字部分の抜け毛がストップし、正常なヘアサイクルを持った毛髪が、生え際から新たに育ってくるというわけです。

この様に、生え際の薄毛改善には、DHTを抑制することが最も重要な対策だと言えるのです。

プロペシアでも改善が難しい薄毛もある

プロペシアは、大切な髪の毛を脱毛させてしまう「悪玉男性ホルモン(DHT)」が生成されないように働きかけてくれる、素晴らしい育毛剤です。しかし、そんな素晴らしい育毛剤でも、効果を発揮できない場合もあります。

プロペシアでも改善が出来ない例として、すでに相当進行してしまった薄毛や、毛根自体が既に死滅してしまった場合です。うっすらと産毛が生えている場合は、まだその部分の毛根は生きていますので、改善できる可能性はあるのですが、ツルツルになってしまい、産毛すら生えていない箇所については、残念ながら発毛効果はほとんど期待できないといえます(毛母細胞の分裂回数は決まっている)。

この様に、かなり薄毛が進行してしまった場合では、自毛植毛に頼るか、カツラによって薄毛を隠すしか方法がありません。

ミノキシジル系の育毛剤と併用して最大の効果を

プロペシアは、抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制する働きがあり、異常な抜け毛を止めることで、正常な発毛を促す育毛剤です。

そして、同じく発毛効果が高いとされているミノキシジルと併用する事で、発毛効果を最大限に高めることが可能です。どちらか一つだけを使って薄毛治療を行なうというのも良いのですが、できればこの両方を利用して、確実な発毛に繋げていきましょう。

AGAの専門クリニックや、一般的な発毛治療でも、フィナステリド+ミノキシジルの組み合わせは一般的となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク