プロペシアの入手には医師の処方箋が必要

プロペシアは、髪の毛が抜け落ちてしまう原因となる男性ホルモン(悪玉男性ホルモン)を抑制することができる「フィナステリド」が配合された、飲むタイプの育毛剤です。

男性型脱毛症診療ガイドラインの中でも、ミノキシジルと並んで「最も効果が高い」と認められている育毛剤なのですが、一般的な育毛剤と違い、ドラッグストアや薬局で購入することが出来ません。

プロペシアの基本的な入手方法は二つ

プロペシアの入手方法は主に二つあります。一つ目は病院で処方してもらう方法で、もう一つが個人輸入代行業者から通販で購入する方法です。後者の個人輸入代行業者を利用した場合は、処方箋は必要ありません。

薄毛の悩みは非常にデリケートな問題です。気になってはいるが、やはり病院に行くのは気が引けるという方も多いことでしょう。そんな時に役立つのが、先にも述べた個人輸入代行業者なのです。

個人輸入の代行業者は数多く存在していますが、その中でも特にオススメできるのがオオサカ堂とアイドラッグストアーでしょう。オオサカ堂に関しては、以下のレビュー記事が参考になりそうなので紹介しておきます。

代行業者を利用すれば、通院する必要も無く、また、病院で処方してもらうよりもかなり安く購入することが可能です。

専門のクリニックや一般的な病院でも、薄毛治療に利用するのはプロペシアであり、代行業者で販売されているプロペシアと同じものが利用されています。

また、プロペシア以外にも、フィンペシアフィナロプロスカーフィンカーエフペシアフィナバルド等、フィナステリドを配合している育毛剤は、様々な種類が販売されています。名前は色々と違いますが、基本的な効果に差異はありません。

気軽に購入することができるが・・・

この様に、海外から購入する場合は処方箋が不要なので、気軽に効果の高い育毛剤を購入することが可能です。しかし、効果が高い半面、副作用の心配もあります(フィナステリドの副作用)。

中には、フィナステリドに対してなんらかのアレルギー反応を持っている体質の人もいるかもしれません。また、薄毛や抜け毛の原因が、AGAとはまったく関係の無いものかもしれません。

そういった原因を特定するためにも、そして、何より身の安全のためにも、一度は専門のクリニック等で診断を受けておくべきでしょう。AGAの治療で大切なのは、まずは自分の状態をしっかりと知ることから始まるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク