シャボン玉石けんのフェイシャルソープと食器洗い機専用洗剤

AGA関連では無いのですが、今回はシャボン玉石けんが販売している「フェイシャルソープ」と「食器洗い専用洗剤」について紹介したいと思います。前洗い用として使っているせっけんシャンプーが切れてしまったので、ついでにこれらの詰め替え用も購入。さらにそのついでということで、レビューしてみたいと思います。

20131204

左から食器洗い用の洗剤、せっけんシャンプー&フェイシャルソープ(いずれも詰め替え用)。

私は普段のシャンプーではオーセルのオアシス天然シャンプーを利用していますが、オーセルのあわ立ちを少しでもよくするために、プレシャワーリングの際に石けんシャンプーで脂分や整髪料、ホコリ等の汚れを落とすようにしています。

石けんシャンプーとアミノ酸系シャンプーを併用していることになるのですが、半年近く経った現在でも、頭皮に目立った異常は見られません。抜け毛の量も増えたという感じは今のところありません。でも、本来であればどちらか一方だけを利用したほうがいいとは思いますし、頭皮の状態によっては皮脂の落としすぎによるトラブルが発生する可能性も否定できません。

「今日はかなり汗をかいたなー」とか、「嘘!?俺って整髪料使いすぎ?」なときだけ、石けんシャンプーは使うようにしています。

フェイシャルソープを使うようになって肌の調子が良くなった

シャボン玉石けんから販売されている各種の商品は、その全てが「無添加」を謳っており、石けん以外の余分な成分は殆ど含まれていないという大きな特徴があります。添加物は、その人の体質によっては肌荒れや吹き出モノ(にきびなど)の原因となる場合がありますので、敏感肌や乾燥肌といった肌が弱いタイプの人は、無添加系の洗顔を利用しているという人も多いと思います。

シャボン玉石けんから販売されているフェイシャルソープは、無添加にも関わらず、しっかりと顔の汚れや油分を落としてくれます。洗った後もさっぱりとしていて、突っ張るような感じが殆ど無いのがいいですね。洗浄力が強すぎる洗顔だと、どうしても肌が突っ張る感じがしていたのですが、この商品に変えてからはそういった違和感も無くなりました。

私はおでこに吹き出ものがよく出ていたのですが、このフェイシャルソープに変えてからはそれもかなり軽減したように感じます。単に、季節が変わったことによる要因や、普段から摂取しているチョコラBBや亜鉛の効果によるものかもしれませんが・・・。

食器洗い用の洗剤も、シャボン玉石けんを知るようになってからはずっとこの商品を使っています。食器洗い機って、少ない水で効率的に洗おうとするあまり、結構な量の洗剤が食器に付着しているとかで・・・。その結果、知らず知らずのうちに、洗剤を口にしているという話があります。

真偽の程は良く分かりませんが、家庭用洗剤にもラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウム等の合成界面活性剤が利用されていますので、健康の事を考えて一応予防策ということで・・・。

・・・なんだか石けんシャンプーのステマになってきた感じがするので、今回はこの辺りで(笑)。無添加最高主義というわけでもないのですが、体内に入ったものは周りに回って頭皮にも影響が出る可能性があります。後々に後悔したくないので、今できることをしっかりと行って、育毛・発毛活動に勤めていきたいと思います。

スポンサーリンク