オーセルのオアシス天然シャンプーを購入

市販のシャンプーの危険な黒い部分を知ってしまったことと、その市販シャンプーも影響してか、最近抜け毛が気になりだしたので、それらをキッカケに、色々なシャンプー解析サイトや美容師のブログ、実際の利用者からの評価がやたらと高い「オーセル オアシス天然シャンプー」を購入してみました。

このシャンプーは、無添加の天然成分系アミノシャンプーで、頭皮に非常に優しく、頭皮トラブルを抱えている人にも優しいシャンプーなのです。

下調べをかなり行ない、最終的に「ザ・シャンプー」か「ウーマシャンプー」、「ブラックシャンプー」等と比較、検討した結果、このシャンプーの購入に至ったというわけです。

オーセルのオアシス天然シャンプーの外観

00

全体像。オシャレなワインレッドのパッケージがかっこいい。ターゲットとして女性も意識している様子。

01

容量は400mlで、結構量は多いです。一人で使用するなら、2ヶ月くらいは持ちそうですね。

02

成分表。ラウレス硫酸やラウリル硫酸といった成分は入っていません。
この成分、市販シャンプーにはコストが安いのでよく使われている成分です。
(最近はこの成分を利用したシャンプーも減ってきているようです)

肝心の使用感は?

さて、肝心の使用感を書いてみたいと思います。まずは、公式サイトに書いてあるアピールポイントをまとめてみたいと思います。

  • 洗浄成分にアミノ酸系を使用。
  • 限りない安全性を追及。天然由来成分で設計。その数33種類。
  • 生分解性に優れた成分のみを使用。
  • 安心の14日間返金制度。
  • 頭皮のエイジングケア成分を配合。
  • ノンシリコン。

今流行りのノンシリコンと天然成分配合を謳っている点は、他の天然アミノ酸系シャンプーでも同じですね。

この点については、ノンシリコンが悪いのではなく、ノンシリコンを利用しなければならない程粗悪なシャンプーの成分が悪いということは、あまり世間一般には知られていません。

安全性はどうでしょう?

まず、ベースとなっているココイルメチルアラニンNa。この成分は頭皮に対してかなり低刺激です。それでいて適度な洗浄力を持つ高価な洗浄剤です。

続くココアンホも低刺激、また、保湿性もある洗浄剤です。ココイルグルタミン酸Naやベタインも低刺激で非常にマイルドな成分ですね。成分からして、超低刺激かつ、しっとりサラサラに仕上がる構成となっています。

高価なアミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱いということが言われますが、このシャンプーはしっかりと洗浄力もあります。

他にも、保湿・補修成分にペリセア、ラフィノース、ダイズタンパク、加水分解シルク、頭皮環境を改善するエキス系等、頭皮に優しく、栄養補給やダメージ修復を行なってくれる成分がてんこもりです。

頭皮のエイジングケア成分を配合。これについては、先程の成分紹介の中で説明しましたが、 頭皮のアンチエイジングケアに有効な成分がたくさん入っています。

  • コーヒー種子エキス
  • ナノ化コラーゲン
  • シアノコバラミン
  • AC-11
  • オタネニンジンエキス
  • アルギニン

これらは、血行の促進や代謝促進、保湿・抗酸化作用などの働きがある、アンチエイジング成分ですね。特に、血行の促進と頭皮の酸化を防ぐ役割は、頭皮の老化を抑えて健康に保つ役目を担ってくれます。

洗浄力に関してもう少し話を掘り下げると、このシャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分に加えて、竹のミネラル水を利用しています。

これらの成分は、頭皮や髪の毛に与えるストレスを最小限にし、やさしくしっかりと洗って清潔に保ってくれる成分です。

生分解性にも優れ、人にも環境にも優しい成分のみを利用しているということは、頭皮の毛細血管から成分が吸収されても、人体に影響が出にくい成分が使われているのです。

後は、化学合成された防腐剤も利用されていません。品質の維持のために、防腐剤は必要な成分なのですが、オアシス天然シャンプーでは、植物エキスから製法された、天然由来の防腐剤が利用されています。

これも安心して利用できる大きな点ですね。

他にも特徴は色々とあるのですが、一部を掘り下げて紹介してみました。

さて、使用感については、ページが長くなってしまったので、別のページで紹介することにします。

>>オーセルのオアシス天然シャンプーを使ってみた感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク