オアシス天然シャンプーの成分と商品説明

オーセルのオアシス天然シャンプーを購入のページでも、成分に関して触れていますので、そちらも併せてご覧下さい。このページでは、オフィシャルの商品説明も記載しておきますので、他のシャンプーとの比較検討の際の参考にしてみてください。

商品の仕様

至福の洗い心地がここに
ベース成分である水に、洗浄力に優れ、しかも肌を健やかに保つ「竹のミネラル水」を使用。
活性剤には刺激のない天然由来成分のみを使用。
注目はDNA修復成分AC11など、18種類のアンチエイジング成分を使用したパーフェクトシャンプー。
容量:400ml

製品の特徴

原産国 : 日本
内容量 : 400ml
全成分 : 水(竹のミネラル水)、ココイルメチルアラニンNa、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ポリクオタニウム-10、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ツバキ油、アロエベラエキス-1、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子加水分解液、ダイズエキス、加水分解シルク、センブリエキス、ユズ果実エキス、ラフィノース、ユチャ油(サザンカ油)、銀、シアノコバラミン(ビタミンB12)、アルギン酸Na、コーヒー種子エキス、マルトデキストリン、ウンカリアトメントサエキス(AC-11)、クエン酸、グリチルリチン酸2K、メントール、香料(天然精油)

商品紹介

お肌に傷・はれもの・湿疹など異常がある部分や粘膜には使用しないでください。使用中や使用後に、赤み・かゆみ・刺激等の異常が現れたときは、使用を中止し、皮膚科専門医等の診断を受けてください。目に入らないようご注意ください。万が一入った場合は、こすらずに清水で洗い流してください。幼児の手の届かないところに保管してください。高温多湿の場所や直射日光のあたる場所には保管しないでください。

ベース成分である水に、洗浄力に優れ、しかも肌を健やかに保つ「竹のミネラル水」を使用。活性剤には刺激のない天然由来成分のみを使用。注目のDNA修復成分AC11など18種類のアンチエイジング成分を使用したパーフェクトシャンプー。

商品の説明

  • もはや汚れを洗い流すことは役割のひとつに過ぎません。
  • 極上の洗いあがりを実感してください。

成分に対する個人的な感想

ここからは私個人の意見となります。

成分は前から順番に使われている量が多くなっています。オアシス天然シャンプーの場合は、水(竹のミネラル水)が最も多く使われているということですね。水かよ!というツッコミは無粋です。竹のミネラル水は、作り上げるまでに非常に手間のかかるミネラル水です。カリウム、ケイ素、ナトリウムが豊富に含まれており、これらが天然の洗浄成分となるわけです。

二つ目に含有量が多いココイルメチルアラニンNaは、一般名ではヤシ油脂肪酸メチルアラニンナトリウム液と呼ばれており、ヤシ油脂肪酸とアラニンで作られるアミノ酸系の界面活性剤です。この成分は、アミノ酸系の中でも特に低刺激で安全性が高いと言われていて、適度な洗浄力と泡立ちがあり、グルタミンよりも洗浄力・泡立ちが良いとされています。さっぱりふわふわ、さらさらな仕上がりが特徴です。

ココアンホも基本骨格がアミノ酸に類似した、植物由来の洗浄剤です。これまた刺激が少なく、保湿効果もあります。

他にも低刺激な天然由来の成分が多く使われており、もっとアピールしても良いと思うのですが、アンチエイジングに効果的な成分もたくさん含んでいるんです。

  • コーヒー種子エキス
  • ナノ化コラーゲン
  • シアノコバラミン
  • AC-11
  • オタネニンジンエキス
  • アルギニン

等がそれに当りますが、頭皮年齢を若返らせ、健康的な髪の毛が生えてくる手助けをしてくれます。育毛シャンプーでは無いのですが、頭皮環境の改善によって抜け毛が減少し、結果的に薄毛を防ぐことができるのでは?と個人的には考えて使用しています。

公式サイトには、育毛にも効果的!といった表示はありませんが、 抜け毛が減少するならそれで万事OK!

ちなにみ、上記で成分に関してあれこれとウンチクたれてますが、私はプロでもなんでもない、ただのド素人です。ただ単に、色々と調べまくった結果ついてきた知識なので、過信はしないでくださいね(汗)。あくまで参考程度にしてください。ただし、成分を詳しく調べていくと、ちゃんと成分の詳細は出てきますので、興味があれば調べてみてくださいね。

まとめ

オアシス天然シャンプーは、ノンシリコン・ノンパラベン・ノンフェノキシエタノールに徹底的に拘った自然派天然シャンプーです。 洗浄剤も天然成分に拘って作られていますので、頭皮がオイリーな人には、洗浄力は物足りないと感じるかもしれません。

その場合は、2度洗いをしてみて、それでも洗浄力が弱いと感じる場合でも、1~2週間ほど使用を継続してみてください。私の場合ではありますが、使っているうちに皮脂の量が減った・・というか、適正な量に減ったという表現が正しいかもしれませんが、頭皮のべたつきがかなり軽減してきました。それにあわせるように、あわ立ちが良くなってきたので、現在では満足の行く泡立ちが得られていると感じています。

皮脂は落としすぎると、それも頭皮トラブルの原因になってしまいます。シャンプーは洗浄力が強ければよい というわけではないので、難しいところではあるのですが、よっぽど頭皮が強い人で無い限りは、洗浄の強さ=頭皮へのダメージとなりますので、利用するシャンプーの選択には、十分に気をつけてくださいね。

>>抜け毛を減らすシャンプーの仕方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク