脂性フケの原因と対策

脂性フケとは皮脂が頭皮に蓄積して脂っぽい状態になることで生じるフケのことです。フケといえば不衛生なイメージが付きまといますが、それもこの脂性フケによるものです。

頭皮が不衛生になると菌が繁殖しやすくなる

不衛生な状態を続けていると皮脂が毛穴を詰まらせるとともに癜風菌と呼ばれるフケの原因となる細菌を繁殖させてしまうのです。

ただ、現代では不衛生が直接の原因で脂性フケが生じるケースはごく稀です。一方で増えているのが皮脂の過剰分泌によるもの。洗髪で洗い落とすのが間に合わないほど皮脂分泌量が増加し、毛穴を詰まらせて細菌を繁殖させてしまうのです。

皮脂分泌が増える原因としてはストレスや疲労の蓄積によるホルモンバランスの乱れ。とくに男性ホルモンには皮脂分泌を増やす働きがあります。

糖分と脂分を摂り過ぎている現代人

それから食生活の乱れ。現代社会の食生活では糖分と脂分が過剰気味な状況にあります。外食やインスタント食品に頼りがちな人や、脂肪分が多い食事を摂っている人は皮脂分泌が増えやすいので要注意です。

こうした原因から脂性フケの対策は大きく2つに分けられます。まず余分な皮脂をしっかりと除去し、細菌が繁殖しにくい環境を維持すること。

ただシャンプーをしすぎると頭皮を傷める恐れもあるのでまずお湯でしっかり洗い流すのがオススメです。また、抗菌作用のあるシャンプーの使用も効果が期待できるでしょう。

ニナゾルシャンプーでフケ・痒みを改善

2つ目は日々の生活の中で皮脂分泌を増やす要因を改善すること。食生活の改善、ストレスの解消など、心身ともに健康的な環境がまとめられます。毎日シャンプーしているのにフケが出ている人はこうした対策を改めて行ってみましょう。

食生活を見直してAGAを予防する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク