シャンプーとフケの関係とは?予防改善にはシャンプー選びが重要

フケはシャンプーと非常に深い関わりがあります。それはシャンプーで衛生的な環境を維持するだけに留まりません。じつはシャンプーがフケ症のそもそもの原因となってしまっているケースも多いのです。

シャンプーとフケの密接な関係

シャンプーとフケの関係については乾性フケと脂性フケの間で大きな違いがあることを知っておきましょう。それが適切なシャンプーの選び方とも深く関わってきます。

まず乾性フケから見ていきましょう。こちらはとくにシャンプー選びが重要な鍵を握ります。多くのケースでは自分の肌質に合わないシャンプーを使用し、しかも頭皮を傷めてしまうような洗い方をしているからです。

どうしても清潔意識が過剰になってしまうため、高級アルコール系シャンプーのように洗浄力と刺激が強すぎるシャンプーを使う傾向が見られます。

それが頭皮を乾燥させてしまい、かゆみがともなうフケをもたらしてしまうのです。アミノ酸シャンプーや石けんシャンプーなど、なるべく低刺激なシャンプーを選びましょう。よく泡立てて優しく洗うのもコツです。

脂性フケの場合にはシャンプーでいかに皮脂をしっかり除去できるかがまずポイント。やはり泡立ちがよいものを選ぶこと、そして粒子が細かく毛穴の奥の皮脂をかきだして落とせるものがオススメです。クレイ(泥)や炭などを使用したシャンプーが良いでしょう。

また、ビタミンCやビタミンB2など皮脂分泌を抑える成分が配合された製品もオススメです。こうした点に配慮しつつ、自分の肌質やフケの種類に合わせたシャンプーを選んでいきましょう。

入浴の際のシャワーとシャンプーに関して

市販のシャンプーは使わないほうが良い?

尚、市販のシャンプーを使い続ける事は危険なのか?の記事の中で、シャンプーのそれぞれの種類について解説しています。毎日行うシャンプーだからこそ、正しい知識を身につける必要があると考えます。

フケやかゆみを軽減させるためにも、是非一度目を通して頂きたい記事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク