フケをなくす(減らす)方法

一昔前ならフケをなくすなら清潔な環境を心がけろ、と言われていました。しかし現代社会では事はそんなに単純ではなくなっています。むしろ過剰な清潔意識がフケの原因となっているため、それを改めることがなくす方法の大前提となることが多いのです。

頭皮の洗いすぎに気をつける

日常生活の中で行える方法の第一は「洗いすぎに気をつけること」です。清潔な頭皮環境を目指すあまり皮脂をごっそりととってしまっているケースが実に多いのです。

皮脂といえば汚れの代名詞のような印象がありますが、実際には頭皮の表面で皮脂膜を作り、水分とバリア機能を保持する重要な役割を担っています。

高級アルコール系シャンプーなど洗浄力と刺激が強すぎるシャンプーを使用していないでしょうか?洗ったあとに頭皮が突っ張っている人はアミノ酸シャンプーなど低刺激なものを選んだり、お湯だけで洗う湯シャンで対策を行ってみましょう。

最近話題の湯シャンでフケは無くなるのか?

皮脂の分泌量を調整する

一方、皮脂の分泌量を調節することも大事です。まず皮脂は糖分や脂分が多い食事を摂っていると分泌量が増えます。

それからホルモンとの関係。男性ホルモンが皮脂の分泌を活性化させることは広く知られていますが、女性ホルモンもフケと深く関わりがあります。

エストロゲンには男性ホルモンの抑え、皮脂の分泌量を抑制する働きもあるのです。そのため疲労やストレスの蓄積、偏った食生活などでホルモンバランスが乱れている女性はまずその改善を目指すことが必須となります。

簡単に言えば過剰なシャンプー&ヘアケアを控え、心身ともに健康的な生活を送ることがフケをなくす基本となります。現代社会では簡単そうでなかなか難しいテーマとなりますが、自分なりに方法を見つけて日々実践していくようにしましょう。

フケの予防と対策に関するまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク