フィンペシアの効果・効能・副作用

フィンペシアとは?

フィンペシアは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として有名なプロペシアジェネリック薬(と認識されている)です。別ページで説明していますが、フィンペシアは正しくはプロペシアのジェネリックでは無いのですが、一般的にはジェネリックと認識されている様です。

※当ブログでは、一般的な認知度との混乱を避けるために、「フィンペシアはプロペシアのジェネリック」として統一して紹介しています。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑える作用があり、AGAの治療約として期待されています。フィナステリドについては、フィナステリドの効果・効能・副作用のページで詳しく書いていますので、併せてご確認ください。

世界60カ国以上で承認されたAGA治療成分のフィナステリド

フィナステリドは、FDA(米国食品医薬品局)により男性型脱毛症の治療薬として認可されており、世界60か国以上で承認されています。フィナステリドを有効成分とする経口薬には、プロペシア、プロスカーフィンカーなどがあります。

フィンペシアの効果・効能

フィンペシアには、プロペシアと同様にフィナステリドが1mg配合されています。プロペシアとまったく同じ成分が利用されているため、効果・効能に関してもプロペシアに準じます。

詳しくはプロペシアの効果・効能・副作用のページをご覧下さい。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用も、基本的にはプロペシアと同一のものが確認されています。主な副作用としては、精力の減衰や胃部の不快感等です。また、これはプロペシアにも同じことが言えるのですが、発ガン物質と噂されている「キノリンイエロー」がフィンペシアにも利用されています。

キノリンイエローについては以下のページで詳しく解説していまので、当記事とあわせて目を通してみてください。

キノリンイエローとは?

追記:2014年7月現在では、キノリンイエロー不使用のフィンペシアが販売されています。したがって、このページで説明しているキノリンイエローの記載に関しては、旧タイプのものとなりますが、キノリンイエローの不使用以外で大きな違いは有りません。

プロペシアとフィンペシアの違いについて

冒頭でも触れましたが、特に疑問に感じることが多いと言われている、プロペシアとフィンペシアの違いについては、以下のページで詳細に説明しています。

AGA治療薬 フィンペシアの効果とプロペシアとの違いについて

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク