髪の毛の生成に欠かせない亜鉛(ジンク)

必須ミネラルの亜鉛

ジンク(亜鉛)は、およそ300種類以上の酵素の活性化に関与している必須ミネラルで、ミネラルの中でも多彩な働きをしているものの一つであり、骨や筋肉、皮膚、毛髪など、亜鉛は全身の様々な箇所に存在しています。

このようなことから、亜鉛が不足すると体のあちこちで様々な症状が現れてしまいます。しかし、現代社会の食生活では、亜鉛は十分に摂取することが難しくなっており、その不足分を補うのがサプリメントです。

亜鉛を含むサプリメントは様々なメーカーから色々な種類が発売されており、どのサプリメントを選べば良いのか迷ってしまいます。しかし、アマゾンや楽天市場で購入する場合であれば、レビュー数が多くて価格もお手ごろなものがすぐに見つかりますし、どのサプリでも同様に亜鉛の摂取が可能なので、どれを選んでも問題はありません。

また、ドラッグストアや薬局、スーパーやコンビニ等でも数百円で購入することが可能なので、一度に大量に購入する必要が無いのであれば、通販を利用せずとも手軽に購入することも可能です。

Amazonで亜鉛(ジンク)を検索
楽天で亜鉛(ジンク)を検索

過剰摂取に注意!

亜鉛は別名「セックスミネラル」とも呼ばれており、性機能を高める作用もあるといわれています。この様に、亜鉛は特に男性にとってプラス作用の高いミネラルなのですが、だからといって大量に摂れば良いというわけでもありません。

亜鉛は毒性の非常に小さな栄養素とされており、通常の食事によって過剰摂取を心配する必要はありません。しかし、亜鉛の過剰摂取によって体内からは「銅」が不足してしまうことがわかっています。

銅は腸管からの「鉄」の吸収を助けます。また、銅は骨髄で「ヘモグロビン」の生成の際に鉄の利用を活発にする働きを持っており、銅が不足することで貧血等の症状が起こる可能性があります。

また、亜鉛の過剰摂取によって「急性亜鉛中毒」が引き起こされる可能性も指摘されています。症状としては胃障害やめまい、吐き気が見られますが、重篤な症状に発展することは稀です。

いずれにしても、亜鉛の1日の摂取量は成人男性で10mg~15mgとされていますので、それ以上は摂取しないように気をつけてください。

亜鉛の摂取基準(mg/日)

各年齢別の亜鉛の食事摂取基準 (日本人の食事摂取基準2010年版) は以下の通り。あくまで目安となりますが、参考までに。推奨量のRDAとは、「Recommended Dietary Allowance」の略で、ある性別・年齢階級に属する人の殆ど(97~98%)が1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取量のことです。

性別 男性 女性
年齢 推奨量(RDA) 上限量 推奨量(RDA) 上限量
0~5(月)
6~11(月)
1~2(歳) 5 5
3~5(歳) 6 6
6~7(歳) 7 7
8~9(歳) 8 8
10~11(歳) 10 10
12~14(歳) 11 9
15~17(歳) 13 9
18~29(歳) 12 40 9 35
30~49(歳) 12 45 9 35
50~69(歳) 12 45 9 35
70以上(歳) 11 40 9 30
妊婦(付加量) +2
授乳婦(付加量) +3
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク