プロスカーでAGAを改善する

プロスカーでAGAを改善する

プロスカーはプロペシアと同じフィナステリド含有のAGA治療薬です。プロペシアに比べて、フィナステリド含有量が5mgと多いのが特徴です。

プロスカーは厳密には前立腺肥大症、及び前立腺がんの治療薬なのですが、1mgの用量で服用する分にはAGA治療薬のプロペシアと同じ効果が得られるため、AGA治療薬としても認識されています。一粒を4~5分割して、その1粒を1日1回服用します。

AGAにおけるプロスカーの効果

プロスカーの有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの「テストステロン」がAGAの原因の一つである「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換される働きを弱める作用があります。そして、テストステロンをDHTに変換させているのが「5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素なのですが、フィナステリドはこの「5α-リダクターゼ」の作用を阻害することによって、DHTの発生を抑制します。

DHTは脱毛因子そのものなので、男性ホルモンからDHTへと変換されるまでの働きを抑制するフィナステリドは、抜け毛を防止する高い効果が期待できます。

プロスカーの副作用

プロスカーの副作用としては、精力の減衰や勃起不全等の男性機能の低下の他、胃部の不快感や消化不良等の胃腸に関わる副作用が報告されています。胃腸に病変を抱えている人や、EDによる勃起不全等を抱えている人は、服用には細心の注意が必要です。

この副作用に関しては、服用者全体で5%の割合に過ぎず、過剰摂取等を行なわない正常な服用であれば、同程度の発症確立と言えます。

プロスカーの使用に関して

AGA治療において、フィナステリドの1日辺りの用量は1mgが原則となっています。フィナステリドを5mg含むプロスカーを一粒そのまま服用すると、1日辺りの用量をオーバーしてしまいますので、ピルカッター(錠剤カッター)等で4~5分割し、その一粒を服用します。

1日に服用する量が多い方が効果が高いと勘違いする人もいるのですが、基本的にAGA治療において、1日辺りのフィナステリドの摂取は1mgで十分とされており、それ以上服用しても、大きな変化は見られないとされています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク