AGA(男性型脱毛症)治療に有効なプロペシアとは?

プロペシアとは?

プロペシアは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。脱毛に影響がある男性ホルモンを抑える作用があり、AGAの治療薬として効果が期待されます。

一般名は「フィナステリド」と呼ばれており、米国のメルク社が開発・販売し、既に全世界(60カ国以上)で認証されています。このプロペシアは、「医師が処方する育毛剤」としては世界で始めて承認された治療薬なのです。

日本でも処方されているプロペシア

日本では「お医者さんに~相談だ♪」のCMでもおなじみの、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2005年12月より販売しており、AGAの治療を専門とする病院やクリニックでも、このプロペシアが処方されています。

日本で処方されているプロペシアには「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があり、1日1錠の服用で薄毛の治療と改善を行うお薬です。剤形は円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフイルムコーティング剤です。

元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、その際に副作用として患者の体毛や毛髪が濃くなるという症状が現れ、AGAの治療薬としての研究が進めらた結果誕生したのが、プロペシアに代表されるAGA治療薬なのです。

フィナステリドとは何か?

プロペシアの有効成分である「フィナステリド」については当ブログの別記事(男性用の育毛剤 フィナステリドの効果・効能・副作用)で詳しく説明していますが、フィナステリドは簡単に言えば「脱毛に繋がってしまう仕組みを阻害する」働きのある成分です。

本来であれば抜けるはずの無い髪の毛が抜けてしまう原因としては、男性ホルモンの影響に拠る所が大きいことがすでに分かっています。

男性ホルモンには、「テストステロン」と呼ばれる成分が変化してできたDHT(ジヒドロテストステロン)という成分があるのですが、この成分が毛根に作用し、異常な脱毛を引き起こします。

しかし、この悪玉男性ホルモンのDHTの生産には「5αリダクターゼ」と呼ばれる物質が関与していることが研究によって解明されています。本来は毛根にとって無害であるテストステロンが5αリダクターゼと結びつくことで、悪玉男性ホルモンのDHTが作り出されてしまうのですが、フィナステリドはこの二つの成分の結びつきを阻害し、異常脱毛を防ぐ作用があるのです。

全体の98%以上に改善作用が確認されている

このフィナステリド(プロペシア)の国内で行われた臨床試験によれば、プロペシアの1mgを1年間投与したことによって、全体の58%が、さらに2年間の投与で68%に薄毛の改善効果があったと認められています。さらに3年間の服用では、全体の78%に改善効果があったと認められています。

さらに、1年間投与で全体の40%、2年間で31%、さらに3年間で20%の現状維持効果が認められており、先ほどの改善効果とあわせると、全体の98%以上に改善、または現状維持作用が認められた成分でもあるわけです。

ただし、上記の臨床実験は、脱毛症以外は健康体である20歳~50歳以下の男性を対象としたデータとのことで、50歳を超える男性の方であれば、実際の期待値は下がるものと考えられています。

髪の毛を生やすための細胞(毛母細胞)には寿命があると考えられており、すでに髪の毛を作るための機能が失われた毛根からは新たな髪の毛は生えてきません。

毛母細胞(もうぼさいぼう)とは?

まだ残っている毛母細胞にとっては現状維持の作用をもたらしますが、すでに寿命を迎えてしまった毛根からは、新たな発毛は見込めないということを理解しておく必要があり、過度な期待は禁物であると言えます。

尚、プロペシアについては、当サイトのフィナステリド配合の育毛剤男性用の育毛剤 フィナステリドの効果・効能・副作用プロペシアの効果・効能・副作用のページもご覧下さい。

スポンサーリンク