フィンカーの効果・効能・副作用とプロスカーとの違いについて

フィンカーはインド国内第2位の製薬会社であるCipla(シプラ)社が製造しているAGA治療薬です。「プロスカー」のジェネリック医薬品となり、プロペシアと同様にフィナステリド(フィナステライド)が配合された育毛剤なので、女性は触ることも禁忌とされています。

フィンカーの効果・効能

プロスカーについては先程紹介したリンク先で詳しく説明していますが、プロスカーのジェネリックであるフィンカーも、基本的な効果・効能・副作用等は同じですので、AGA治療薬として利用した場合の詳細はAGAにおけるプロスカーの効果を御覧ください。

フィンカーの副作用

効果・効能の項目と同様に、プロスカーの副作用を御覧ください。フィナステリドを有効成分としているプロペシアやフィナロフィンペシアも同様の副作用が報告されています。フィンカーにも関連する項目となりますので、それぞれのページをご確認ください。

プロスカーとフィンカーの違いは?

大きく異なっている点は販売されている価格です。これは研究開発のための費用が必要ないジェネリック医薬品の大きな特徴なのですが、フィンカーの製造元であるシプラ社が本拠を置くインドの法律の特殊性にも関係しています。

※シプラ社に関する言及はAGA治療薬 フィンペシアの効果とプロペシアとの違いについての記事内で少し取り上げています。

その他はオリジナルであるプロスカーと同じといっても良いでしょう。もちろん、製造されている国と会社が違いますし、製造過程にも多少の違いはあります。しかし、最終的に人体に及ぼす作用は同じとされています。これは、利用されている有効成分がフィナステリドであるためです。

フィナステリドはミノキシジルと並んで、発毛に強く作用するとされている成分です。薄毛の原因の多くは悪玉男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れであり、この男性ホルモンの働きは一般的に市販されている育毛剤では止めることは出来ません。

他にも、亜鉛やノコギリヤシ、ブロッコリースプラウトといった発毛成分にも注目が集まりつつありますが、現状で医学的に作用があると認められている成分は、ミノキシジルとフィナステリドのみです。

そして、プロスカーもフィンカーも、このフィナステリドを有効成分としていることから、作用に大きな違いが無いと考えるのが普通です。

日本で処方されているのはプロペシアのみ

ここまで説明してきた様に、フィナステリドを有効成分とするフィンカーでもAGAの治療は可能となっており、実際にフィンカーを利用して育毛活動を行っている方もいます。しかし、日本でフィンカーを処方している病院はありません。これはフィンカーが日本で認可されていないジェネリック医薬品であるためです。

日本で認可されている、フィナステリドを成分とする治療薬はプロペシアのみとなっており、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始した後、2003年に厚生労働省へ承認申請行い、2005年12月より国内にて発売開始され現在に至っています。

病院で処方されないので、日本にいながらフィンカーを入手するには個人輸入か個人輸入の代行業者を利用するしか方法はありません。しかし、プロスカーもフィンカーも、元々は前立腺肥大症、及び前立腺がんの治療を目的したお薬です。病院での検査も無しに利用することは大変危険ですし、間違った用法によって体に何らかの異常が起こらないとも言えません。

フィンカーは分割して利用する

フィンカーは一粒辺りにフィナステリド(フィナステライド)が5mg配合されています。しかし、AGAの治療において1日辺りに摂取する目安量は1mgとなっており、フィンカーをそのまま一粒服用していては、フィナステリドの過剰摂取になってしまいます。

「少しでも量が多いほうがいいのではないか?」と考える方も多いと思いますが、フィナステリドは1日1mgでも十分な作用があるとされており、それ以上の服用であっても効果に大きな差は無いとされています。多く飲めば飲むほど良いというわけではないのです。これはプロスカーにも同じことが言えます。

この様な特徴もあるため、うかつに個人で手を出すのはリスクの大きな治療薬であるといえそうです。どうしても気になるという場合は、専門のクリニックで医師と相談の上で服用を検討するようにしてください。

病院から処方してもらうことは出来ませんが、医師にアドバイスを貰った後に個人輸入(または代行業者)で購入する方がリスクは少ないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク