AGA関連の人気記事ランキング(2013年11月)

2013年11月分の人気記事ランキングをお届けいたします。尚、このランキングはあくまで当ブログ内においてのものなので、この結果が=世間で注目されているAGA関連のネタであるというわけではありませんのであしからず。

  1. 市販シャンプーの主成分 ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは悪なのか?
  2. ラウリル硫酸Naが入っていないシャンプー オーセル オアシス天然シャンプー
  3. AGA治療に保険は適応される?
  4. ノンシリコンシャンプーは頭皮を痛めないのか?
  5. 神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)
  6. 市販のシャンプーを使い続ける事は危険なのか?
  7. 抜け毛を促進してしまうシャンプーとは?
  8. 入浴の際のシャワーとシャンプーに関して
  9. おすすめの石鹸シャンプー シャボン玉石けんの無添加石鹸シャンプー

2013年11月のアクセスランキング

今月はもっと動きがあるかな・・・と予想していたのですが、思ったほど大きな変動はありませんでした。1位~3位は、もうずっと同じ面子が顔を出している状態なので面白み(?)はありませんね。

・・・と、いうわけで、今月は特にコメントすべきネタはありません(笑)。AGA治療の保険に関する記事のアクセスがかなり増えていたのですが、冬のボーナスを利用して薄毛治療をやってみよう・・・!と考えた人が多かったのかも・・・(憶測ですが)。

AGAの治療は、ダイエットや整形と同じく「審美の改善」に属する治療なので、いつまでたっても保険が適応される気配はありません。いくら命に関係が無いといっても、男にとって(女性もですが)髪の毛は命!・・・とまではいかなくとも、かなり重要な体のパーツの内の一つです。真剣に悩んでいる人はとても多いこの現状で、新たな保険の枠組みが構築されることを切に願います。

男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。そのため、これは正常な生理的現象であるとし、病気としては扱われない。後述するような医学的対処も行われているが、医薬品は生活改善薬の一種であり、外科的手法は美容外科手術の一種である。病気の治療ではないので健康保険は適用されない。しかし、男性型脱毛症の大部分を占めるAGAはフィナステリドを内服する事で進行を止める事が可能になった。その場合自由診療であり、皮膚科、美容外科などの医療機関のみが取り扱っている。

wikipedia 脱毛症より

上記はwikiからの引用です。同様に、手術を伴う自毛植毛も健康保険は適応されません。・・・iPS細胞、私達(の毛根)が生きているうちに実用化までこぎつけることはできるのでしょうか。国を挙げてこの分野を応援していけば、日本が世界に誇る新たな産業となる可能性も十分にありますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク