ジヒドロテストステロン(DHT)

DHT(ジヒドロテストステロン)の働きは、胎児期と思春期以降で異なる働きをします。胎児期には胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たし、思春期以降にはAGA(エージーエー)やニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こします。

他にも、DHTは皮脂腺を刺激する働きも持ち、過剰に皮脂が分泌される原因となります。その事からも、強力な脱毛作用のある男性ホルモンとして知られています。

冒頭でも紹介したように、最近では薄毛や抜け毛の要因として紹介されることが多く、DHTが生成される元となる、5α-還元酵素を抑制することでAGAを治療するという方法が研究されています。

ジヒドロテストステロン(DHT)とTH(テストステロン)による影響

DHTと関係する男性ホルモンに、TH(テストステロン)というホルモンがあります。DHTは、男性ホルモンのTH(テストステロン)がタイプ2型5αリダクターゼという還元酵素により変換されて生成され、これが毛乳頭細胞にある受容体に結合することによって髪の成長を抑制してしまいます。

TH(テストステロン)は、95%が精巣、5%が副腎で作られる男性ホルモンの一種で、DHT(ジヒドロテストステロン)はテストステロンの不足を補う為に、5αリダクターゼ酵素によってテストステロンが変換された男性ホルモンです。

この二つの男性ホルモン、名前は似ているのですが、それぞれでまったく違う働きをします。THが毛髪を太くする作用があるのに対し、DHTは皮脂腺と毛乳頭に作用し、毛髪が十分に成長することを妨げる作用があます。これがAGAの原因となってしまうのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT)には以下の様な作用があります。この作用の中で特に有名なのが、薄毛(AGA)ではないでしょうか。

  • 薄毛
  • 体毛の増加
  • 精力減退
  • 前立腺肥大 等

TH(テストステロン)

一方、TH(テストステロン)の作用は以下の通りです。以下の項目を見てもらうとわかりますが、DHTとは逆の作用があることが分かります。

  • 生殖器の増大
  • 性欲の増加
  • 精子形成の増加
  • 骨格・筋肉の成長
  • やる気、行動力の増進
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク